七人七色

@gladee_achan あっちで書ききれなかった長い文を載せていきます。超ポジティブ。超適当。いけめんが大好き。

「Summer Paradise 2018」SnowMan公演に行ってきた話

「Summer Paradise 2018」SnowMan公演、全12回お疲れさまでした!私はその内4回入ることができたんですが、どの回も最高に楽しかったです!渡辺くんはずーっとにこにこしてて天使だった!!歌が上手くて顔がいい天使でした!!!

だがしかし台風!!!実は去年大阪遠征したときは帰りの飛行機が台風で欠航して、いつ帰れるのかと不安な夜を過ごしたりもしました。結局一日遅れで飛んだんですけど。ていうか別に帰りはいい!帰りの飛行機なんてどうでもいい!!問題は行きだ!!行けなかったら話にならない!!ということで13号が発生したっていう情報を聞いてすぐに陸路を確保しました。新幹線高いけど、もはやお金もどうでもいい。結果的に台風がめちゃくちゃ遅かったせいで?おかげで?飛行機は無事に飛んでTDCホールへ辿り着くことができました。グッズ買い終わった頃にはびっしゃびしゃだったけど!

でもまあ、びしゃびしゃになろうが死ぬほど暑かろうが、SnowManとのサマーパラダイスはめちゃくちゃ楽しかったです!!平成最後の夏はとびきり楽しくて、楽しすぎて、終わってほしくなかった。ずっとこの夏が続けばいいのにって思った。SnowManに8月の全て捧げてきたからもう9月です。
今回、事前に得ていたサマパラ情報は「全グループ共通の課題曲がある」「SnowManは新しい曲多め」っていうどういう心構えで行ったらいいのかわからないやつだったんですけど(幕が上がるまではソロ曲があるかどうかも不明だったし)、結果あまりにも楽しすぎて記憶がない。今回はSnowManも言っていたように新しい曲も多かったので、私にしては珍しく(?)セトリ順に追って感想を書いていきたいと思います。本当にどの曲の渡辺くんもお顔がよかったし歌が上手だった。ちなみに防振双眼鏡を携えてひたすら渡辺くんを追っていたので、ほぼほぼ渡辺くんの感想です。

1.Summer Paradise
布が落ちて登場。リニューアルした緑の迷彩衣装。渡辺くんは階段上の上手から2番目でスタート。
正直に言えば課題曲いらねーよって思ってたんけど、さまぱらら~って歌う渡辺くん天使(ガムシャララといいこれといい、ららら~って歌わせたがるね偉い人)。最初は本気でくそだせぇ歌だなおい!!って思ってたけど、SnowManが「今日という日は ねぇこの夏は 一度きりだよ」って歌ってくれちゃうから途中で泣きそうになった。知ってる!!今のこの瞬間の渡辺くんが一度きりだって知ってる!!!平成最後の夏をSnowManと過ごせてよかったなあ!!って序盤からクライマックスみたいな気持ちだった。渡辺くんは大サビでフェイク担当。課題曲はいらないけどさまぱららはよかったな。

2.仮面舞踏会
3.パラダイス銀河
渡辺くんは上手側。曲終りに下手階段を上って上空ステージへ。
あまりにもアレンジされすぎてて、最初何の曲かわからなかったw

4.硝子の少年
上空ステージの下手から2番目。曲終りに上手階段を下りてステージへ。

5.NON STOP
最上手。途中で下手から2番目の箱に乗る。
ステージの上で動く箱みたいなやつに乗って少し踊るんだけど、途中で腰を回す振りがあってそこを重点的に見ていた。

☆課題曲が終わるとメンバーの映像が順番に流れる
順番は覚えてないけど、渡辺くんが一番最後だった。

6.Ⅵ Guys Snow Man
青い衣装。渡辺くんは真ん中の箱の上手側から出てくる。
わかってたけど、お顔がいい!!!!!!一時期の「あえてカメラ目線をしない」とか言っていた渡辺くんはどこへ行ったのやら、ソロパート中ずーっとカメラ見てる。モニターを見ていると、あのいいお顔とずっと目が合う。目で殺される。

7.FREEZE
がんがん匂わせてくれてたからやるって知ってたけど!!でもこんなかっこいいなんて聞いてないから!!!
ひぃちゃんの「SnowMan's mind blowing performance(英語苦手だけど多分こんな感じ)」っていう紹介から始まるんだけど、いやいやそんなびっくりすることないでしょ~って思ってたら本当にびっくりした。最初はよくわからないポーズから始まってがしがしダンスしていくわけなんですが、間奏でなんか中央にぎゅ~ってSnowManが集まっていく(語彙力)。1人が真ん中に立って(渡辺くんしか見ていないのでもはや真ん中に誰が立っていたのかもわからないけど多分さっくん)、それを5人が真ん中を向くように横向きに寝転がって囲んで、自分の上にいる人の足を掴んで円を作る。そして一斉に体を縮めると、自然に5人の体が円のまま中央へ集まっていく…っていう文章じゃ全然伝わらないパフォーマンス。でも毎回おぉ~!って歓声が上がってたから、きっと皆好きだよこれやってるすのーまん。渡辺くんは下手前側で寝転がってぎゅ~ってするんですが、そのときだけモニターのカメラが天井から映す用のカメラになって、花みたい…というか曲名とグループ名を考えると雪の結晶みたいな形になるの。めちゃくちゃすごい。
渡辺くんのソロパートはAメロ最後の「Tell me what you want」とサビの「吹雪かせて華麗に廻る夢中でDance」です。平成最後の夏の渡辺翔太さんはソロパートでひたすらカメラ目線をしてくれる渡辺翔太さんだったので、客席皆渡辺くんの目に殺されてた。いいお顔がモニターいっぱいに映ってるだけでも客席からため息とも悲鳴ともつかない声が漏れていたのに、ずっとカメラ見てるからモニター見てるお客さんはずーっと渡辺くんと見つめ合ってるわけですよ。墓地完成。
1回目のBメロでは渡辺くんがセンターで踊るシーンもあるので、全体的にこの曲好きすぎる。早く少クラでやって。

8.Go Higher
下手で縦に1列になる。渡辺くんは後ろから2番目。
渡辺くんしか見てない上に加工音だったから多分だけど、「Why they try to pull us under」がソロで「Let's go would you let me go Back to my agenda」があべなべ。(たしか後ろの人から歌っていってたはずだから歌い出しは阿部ちゃん)(多分)。あと「I'm too high to fall below」も多分そう。
そしてこの曲もダンスがかっこいい。サビ前?に右手を上げて体を左右にくねらせる振りがあるんだけど、この振りめっっっっっちゃくちゃ好き。渡辺くんフリーダンスでもたまにやるし、スノドリにもある振りなんだけど、渡辺くんの細くて薄い体がゆらゆら揺れてるの本当に…いいんだよ…。あと重心落として腕伸ばして肩をばんっばんって揺らす振り(説明下手くそすぎて)も入ってて最高。ひぃちゃんが振付したのかな…おこづかいあげようね…。そういえば最後のサビ前に渡辺くんが「TDC make some noise!」ってがなるように叫んでて死ぬかと思った(がなり声で歌われたらころっと落ちるおたく)。

9.Can't Get Enough
暗い中、それぞれに白いスポットライトが当たるところから始まる。渡辺くんは下手から3番目。
渡辺くんのソロパートは歌い出しの「君への欲だけ Flowing」とサビ前の「やめられない my addiction」なんですけど…「やめられない my addiction」を後ろの壁(真ん中の箱の側面)にだるそうにもたれて歌うんですよ。5人が踊ってる中、一人だけ気だるそうに寄りかかって歌うんだけどなんかもう泣きそうだった。思い出しただけで泣きそう。あとサビに太ももスクラッチみたいな振りもあって、そこの渡辺くんめちゃくちゃえろいよ。
渡辺くんが持つ気だるい雰囲気って曲によっては邪魔になってしまうときもあるんだけど、こういう曲調だとこんなにも合うのかと。壁にもたれかかって歌うっていうのを誰が提案したのかはわからないけど、この曲に、渡辺くんに、見事に合わせてきた演出だった。好き。

☆2人ずつに分かれてのパフォーマンス
ん~~~~~~だてさくのアクロバット!!!!!好きだな~~~~~~!!!!!運動音痴なさっくんとムチムチボディで重そうな舘様が、ステージの上をくるくる吹っ飛んでいく。あそこだけ重力おかしいのかな???宇宙空間なのかな?????のびやかで軽々としたさっくんに、ゆったり優雅に舞う舘様。なんかもう本当色んな意味でだてさく!!!!
爆モテなべふかコンビはとりあえず脱いでおけって感じかな(褒めてる)。黒ハット+黒ジャケット+ブギウギベロアズボン。インナー着ないって決めたのはどっちだろう。おこづかいあげるから名乗り出て。実は4公演とも渡辺くんのぺらっぺらな体を双眼鏡で追っていたので、ふっかのことは1度も見れませんでしたごめんなさい。でーもあの爆モテオーラすごかったね…爆モテ…。
高身長いわあべ!!末っ子メディア班いわあべ!!!暗い中で電飾のついた手袋をつけて踊りだす(渡辺くんがすの日常で言ってたのはこれのことかな)んだけど、おたくは君たちの可愛いお顔が見たいんだよ…お顔を見せて…。いわあべはスタイルがいいから並んで立つだけでテンションが上がる。私の。ブギウギ衣装だから二人揃ってワイドパンツ。

10.Boogie Woogie Baby
ベロア衣装。
単純にブギウギ好きだから、イントロでテンションぶち上げ。渡辺くんは4公演とも普通にベレー帽被ってたし、インナーは出してたと思う(多分)。インナーが汗でびっちゃびちゃだったことだけはっきり覚えてる。最後のサビで大砲撃つ渡辺くんと後奏で振り返りながら右足を後ろに上げる渡辺くんが最の高。

11.夕空
一人ずつ歌いながら語っていく。渡辺くんは下手から1番目の箱に座って待機後、ソロで下手から2番目の箱に上がる。
待機中は座って足を組みながら(右足が上)、水飲んだりタオルで汗拭いたり。ずーっとお水飲んでるから、1人目くらいでペットボトルの中身が半分くらいまで減る。そしてストローで飲んでるときのお口が可愛い。渡辺くんはお水飲みながらモニター見てること多し。10日昼は唇にタオルの繊維が付いちゃったみたいで、下唇びろーんってして取ってた。死ぬほど可愛い。
渡辺くんソロパートは「その手を引く事で 解ってく歩幅 弱さを 包み込むように 強くその手握るよ」。語った内容は「こういうのは恥ずかしいし照れてしまう。でもメンバーは翔太らしくていいじゃんって言ってくれる。皆優しいなぁ。メンバー、ファンの皆、いつもありがとう」みたいな感じ。本当に照れくさそうに俯き加減で棒読みなんだけど、そのお顔が可愛すぎてざわつく客席。
全員が語り終わった後、場所を移動するんだけど(渡辺くんは上手ステージへ)移動中にさっくんとひぃちゃんと顔を見合わせて笑い合ってるのが幸せな光景すぎて時間止めたくなる。

12.花言葉
お花がいっぱいついたマイクスタンド登場。下手2番目→センターで1列になって1番前→上手2番目。
待ってました花言葉。歌い出しの「君に伝えたい 想いここにあるのに」は渡辺くん。1列になって歌った人がサイドによけていくんだけど、お花がいっぱいついたマイクスタンドをずるずるひっぱっていく渡辺くん可愛いし、振りもなんか可愛い。途中で客席を映す演出があって、その前に突然一人一人言っていくんだけど渡辺くんは「夢」担当(モニターに表示された「夢」っていう字が渡辺くんが書いたにしては綺麗すぎたんだけどあれは一体誰の字)。客席が映るとカメラを全然見ないで、必死に上目遣いでモニター見てるの可愛い。ふっかはもうやらないって言ってたけど、いい演出だったと思います。

13.罪と夏
客席降り。渡辺くんは上手通路→バクステ→下手通路。
ベロア衣装での罪夏は…暑苦しかったね…。でも歌ってる6人が楽しそうで何より。

☆メンバーの動画コーナー
14.Summer上々!!
15.Oh Yeah!
1公演2人ずつで、動画後にバルコ登場。ベースは白衣装。各公演1人目が「Summer上々!!」、2人目が「Oh Yeah!」
深澤→モノマネ
岩本→筋トレ
佐久間→オタ芸
渡辺→椅子
阿部→お天気(深澤晴、岩本雷、宮舘雪、渡辺雨、佐久間風)
宮舘→ホワイトタイガー
9日夜があべだての回で星形のボールを投げたんだけど、渡辺くんが2バルC3扉の通路から投げたボールが跳ねて跳ねて最終的にバクステに落ちる。バクステに集合したときに拾った舘様が渡辺くんに渡して、渡辺くんは不思議そうな顔して(ボールがどこに行ったか把握してなかったから、俺が投げるの?って顔してた)アリーナに向けて投げたっていう結果的にはいいゆり組案件でした。
曲終わりの亀梨くんやってる渡辺くんは可愛いし、片手腹筋できない渡辺くん可愛いし、ペンライトふりふりしてる渡辺くん可愛いし、無個性だからひたすら椅子使うって自分で言ったくせに大丈夫かな~?って首傾げてる渡辺くん可愛すぎるし、日焼け止めぬりぬりダンスしてる雨の渡辺くん可愛いし、短い腕を上げてポーズとってる渡辺くん可愛かった。

16.Hey!!Summer Honey
バクステ。白衣装の上着なしver。渡辺くんは最下手。
とにかく可愛い。なんか6人ともテンションが高い。渡辺くんはラップ中のひぃちゃんの後ろに立ってカメラに映りこもうとしてること多し。

☆ゲームコーナー(MissionS6)とMC
8日夜→5分間息止め(失敗)
笛くわえて息止めてるだけであんなに歓声があがる人がいるだろうか。いや、いない(反語)。よくわからないけど、渡辺くんは笛をくわえるとお目めもくりくりになっちゃうようで、うさぎみたいに可愛いお顔がモニターいっぱいに映し出されたが故に、あちこちでおたく死んでた。渡辺くんおたく殺しがち。あまりにも可愛すぎたから、またどこかでやってくださいって書いたファンレも出してきた。笛くわえてちょっと鼻の下伸びちゃうのも無理すぎた。可愛い無理。一番最後は舘様で、かっこつけながらめちゃくちゃ頑張ってたけど1人で3分は無理だよね。舘様死んじゃう。
9日昼→お客さんに歴代担当を聞いて合計21にする(失敗)
2人ずつに分かれて客席に聞きに行ったんだけど、勝手に2人3脚始めようとするいわなべ可愛い。話の流れでちょっとそっけない態度とっちゃったお客さんに対して「ごめんね、ごめんね」って謝ってる渡辺くん爆モテ。
9日夜→リコーダーでドレミファソラシドを吹く(失敗)
ただのドレミファソラシドなのに楽譜が出てくる。皆が軽い軽いって騒いでる中、なぜかバトンのようにリコーダーをくるくる回す渡辺くん。それを見て上手上手ーってぱちぱち拍手してくれる阿部ちゃん。俺らいけるいける!って意気揚々と出てくるいわなべ。もちろん順番に失敗するいわなべ。俺ら失敗したから後ろ行こうぜってこそこそ小さくなって後ろに行くいわなべ。天使。なんとか5人成功して最後にふっか。皆わかってたけど失敗!!!一音目のドがピーってなった瞬間に、5人が崩れ落ちるのが面白くて可愛かった。
10日昼→制限時間内に5つの組体操を完成させる(失敗)
モニターに表示される組体操を完成させていく。
最初は普通のピラミッド。そそくさとセット裏に走って逃げる渡辺くん。残りの5人が土台を作って、そこを後ろから出てきた渡辺くんがよじ登っていく。可愛い。
2つめは真ん中が肩車の扇。肩車されたがってうろちょろする渡辺くん。その間に真ん中にきて肩車の土台をしようとするさっくんを軽々と肩車しちゃうひぃちゃん。渡辺くんは上手から2番目で扇。
3つめは3人ずつにわかれるタイプで、それぞれ1人が土台になって、1人がその横に立って、もう1人が土台に両手をついて横に立ってる人の肩に足を乗せて、腕立て伏せみたいな格好になるやつ。渡辺くんは上手でひぃちゃんの足を支える人だった(多分)。
4つめは下手で肩車を作って、上の人が前で倒立する人の足を支えて、土台の人がサイドで倒立する人の足を支えて、残りの一人は上手で上体反らし。真っ先に上体反らしやって待ってる渡辺くん。土台はふっか、乗るのがさっくん、前で倒立するのが阿部ちゃん、上手側倒立はひぃちゃん、下手側倒立が舘様(逆立ち担当の場所は曖昧)。5人がもちゃもちゃしてるのをあざらしみたいな格好で待ってる渡辺くん。可愛い。
5つめは下手でまず2人が土台を作って、その上で一人が腕を反らないブリッジ?をやって(下手側が頭)、その人の肩に乗って立つ人と、太ももの上で倒立する人。残りの1人は上手で片手を上げたセクシーポーズ。まずはセクシーポーズ取り合ってふっかの勝利。最初はなべ(下手)いわ(上手)土台でさっくんが乗ろうとしたけど断念。続いてなべ(下手)さく(上手)土台(まずこの時点で無理がある)。その上に乗るひぃちゃん。ひぃちゃんの肩に乗ろうとする阿部ちゃんと自然と倒立担当になってしまった舘様。普通に無理。ひぃちゃんが乗った段階で渡辺くんは死にそうになってるし、ぐらっぐら。ふっかが「とりあえず俺支えるわ!」とセクシーポーズ中断して参戦。ひいちゃんの腰を支えるも崩れて時間切れ。渡辺くんはへろへろになってるし、ひぃちゃんは肩押さえて痛そうにしてるし、全体的に疲弊していた。なぜか本編以外のところで体力を消耗するすのーまん。そして上手で土台をなくして、舘様ブリッジ的なやつ、阿部ちゃん支える担当、さっくん倒立担当で成功させる。
めちゃくちゃ楽しかったし盛り上がったし可愛かった。ステージ上でばたばた走り回ってるすのーまん可愛い。

17.Acrobatic
MC終わりに白衣装の上着を着る。渡辺くんは自分がセットの後ろに下がって上着を着て、いわさくの上着を持ってくる係。
アクロ有の基本形で、最後にはC&Rあり。

18.ZIG ZAG LOVE
前曲からの流れでなぜかC&Rから始まる。
サマパラの渡辺くんは比較的お腹を見せてくれる渡辺くんでした。1公演だけすぐしまっちゃった回があったけど、基本はぺろーんってしてくれてたので幸せだった。私が。

19.メンバー紹介ラップ
阿部→佐久間→渡辺→深澤→宮舘→岩本の順で次の人のを歌っていく。
渡辺くんは4公演とも紹介されている間、カメラをじーっと見つめてくれてました。すこぶる顔がいい。ただ相変わらずふっかを紹介するときのリズムは取れないようで、下手にいるひぃちゃんをじーっと見つめながら歌う上手の渡辺くん。そんな渡辺くんのために手を叩いてリズムを取ってくれるひぃちゃん。成功すると両手で丸作ってくれたりするんだけど、1公演だけぐだったときは笑ってグーサイン出してて、その優しさに私が泣いた。
10日昼のふっかが舘様を紹介してるときに、上手にいるなべさくが体をくねらせながら歩き回ってて可愛かった。

20.Spot Light
少クラ参照。2のところで、背中で作ったピースサインの人差し指と中指を動かす渡辺くんめちゃくちゃ可愛い。あとソロパートの「背中を押してくれる仲間がいるから」で客席に向かって両手を広げる渡辺くん尊い。尊すぎる。いつでも何度でも、ガリガリのその背中を力いっぱい押してあげたい。

21.Future Light
桃田くーーーーーーーーん!!!!!
って叫びたくなったのは渡辺くんが最初のはっしーパートをやってくれたからです。待って無理。頭が追い付いてない。皆が側転してるときにセンターでうぉううぉうやってるのめちゃくちゃかっこいいよ。これもおこづかい案件。
「腕を伸ばしてみても」も渡辺くんパートで、「登り詰めろ」までふっかと一緒に歌ってたと思う(多分)。
振りは本家そのままで、渡辺くんは手足を一生懸命動かして踊っててなんか感動した。後半だから体力的にもきついはずなのに、側転も綺麗にきめてるし。もっとこの曲が好きになったよ桃田くん。

22.BAD BOYS
極楽蝶!!!寿ちゃーーーーん!!!
いわふかなべが残って歌う。でもばどぼは飽きた感あるよね(小声)。渡辺くんは下手をうろちょろしてました。

23.LIPS
赤衣装を着たあべだてさくが登場。
ほぼ舘様ソロ曲。気合の入り方が2人と違う。1人だけサングラスかけて出てきちゃうくらいだもの…。

24.Vanishing Over
ステージの出っ張ってるところから始まって客席下り。渡辺くんは上手通路→アリーナ最後列→下手通路。

25.EXPLODE
少クラ参照。ただヘッドセットじゃなくてマイク持って歌ってた。

26.Snow Dream
横アリと同じように最初に振りの練習あり。2番にはそれぞれの下の名前が1文字ずつ入っていて、自分の名前のところを歌っていく。
「“平”和な空と “深”夜の風 “大”好きだけれど “涼”しい顔で 天“翔”ける星は “照”らすけれど」
「あまかけるほしは」って歌う渡辺くんがとんでもなかった。あ、あ、ああ、あまかける?????ってワードチョイスの秀逸さに混乱する私。なんだろう、この歌詞の中に渡辺くんの儚さとか美しさとか綺麗さとか、触れたら壊れそうな繊細さとか、とにかく渡辺くんがぎゅっと詰まってて一人で吐きそうになってた。
9日の昼夜どっちかは忘れたけど、「両手を合わせ」って歌詞で阿部ちゃんと手のひらを合わせなきゃならないのに、手の場所がずれちゃって空ぶる渡辺くん。ちょっとびっくりした顔で阿部ちゃんを見てて天使だった。可愛い。
ところで2番のサビの振りはどうしたらいいの渡辺くん???いきなり複雑になるからおたく大混乱だよ。あれは真似した方がいいの?普通にペンライト振ってていいの?それとも1番と同じようにするの??教えてすのーまーん!!
間奏で階段を上って上空ステージへ。渡辺くんは上手側階段から。

27.Family~ひとつになること
上空ステージでそのまま歌う。
なんか渡辺くんいっぱい歌ってたね???ひぃちゃんとシンメとってたくさん歌わせてもらってました…いわふかでもだてなべでもない謎チョイス…。渡辺くんソロパートは「地球からどれほどの人が 火星へいくのだろう なに気ない未来の夢話は この現在が何処なのかと 悲しくさせた」で、ひぃちゃんと2人で「繋ぎ合わせたいまは ひとりだけのものじゃない この景色は数々の 犠牲を超えた希望の海」を歌って、上手階段の2段目に降りてきて「ぼくがいるから…」で再びソロパート。ひぃちゃんと2人で歌うところはモニターが二人を50%透過で重ねていて素晴らしかったです。今回のサマパラは全体通してカメラワーク微妙だったけど、ここはよかった。

28.Born in The Earth
しんみりしてたところに突然のBorn in The Earth。あべふかなべが下がって、いわだてさくだけ箱の上で前半を歌う。
後半になって青とピンクの衣装で出てくるあべふかなべ。入れ替わりでいわだてさくが下がる。渡辺くんは出てきて早々お客さんに手を振らせたがる。

29.Power of the Paradise
オリンピック大好き芸人だからめちゃくちゃオリンピック思い出した。そしてめちゃくちゃ夏を感じた。渡辺くんは上手。
こういう爽やかな曲もいいじゃんすのーまん~!って思いながら手をくるくるさせる渡辺くんを見てました。

30.Summer Paradise(アンコール)
ゆきおをつけて箱の上から登場する6人。渡辺くんは上手から2番目。9日昼夜と10日昼はちゃんと頭につけてて、8日夜だけ首にぶらさげてた。
うさぎみたいに可愛いね!!!!(特大ブーメラン)
そう…そうなんだよ渡辺くん…おたくは自分たちがゆきおをつけたいのではなく、ゆきおをつけてるすのーまんが見たかったんだよ…ゆきお最の高…。まあ、渡辺くんがすねるから私もちゃんと頭につけたけどね。平成最後の夏だしね。ちょっとくらい無理してもいいよね。夢の国に行ったら皆頭に色んなのつけるもんね渡辺くん。つまり渡辺くんはすのーまんのコンサートを夢の国と同じようなものだと思ってるんだね可愛すぎか!!!
ふっかは4公演ともゆきお+丸眼鏡だったんだけど、8日夜の前髪おろしてるやつが一番可愛かった。衣装も相まって不思議の国のアリス感あった。それを見た深澤担のお友だちが隣でがたがた崩れ落ちていったレベルの破壊力(深澤担丸眼鏡好きだよね)。深澤担が墓地作ってた。
客席降りの渡辺くんは上手通路→バクステ→下手通路。でも10日昼の客席降りは通路を歩かずに前列にいた赤ちゃんを抱っこしてステージへ。やっぱり本人たちと同じくらいのファンが多いのか(自分含む)、Jr.の現場にしては子ども連れ多いなぁとは思った。そして子どもを見つけた渡辺くんは手を差し出したりほっぺむぎゅってしたりとめちゃくちゃ可愛い絡みをしていたんですけど、この赤ちゃん抱っこは眼福。パパなべ…ゆきおつけて赤ちゃん抱っこしてるパパなべ…赤ちゃんみたいな可愛いお顔して赤ちゃん抱っこしてるの…ちょっと意味がわからなかった…。当たり前だけど渡辺くんも子どもいたっておかしくない歳だし、なんなら小学校上がるくらいの子どもいても…ねぇ??(想像して死にそう)渡辺くんも子どもを可愛いって思うんだなぁ~そんな歳なんだなぁ~なんて思いながらパパなべを堪能させてもらいました。


最終的になにを書き残したいかというと、SnowManかっこよかった!!!
40pxにしちゃうくらいかっこよかった!!は~~~好きだ~~~めちゃくちゃ好きだ~~~~!!!!
頭悪い感想で申し訳ないけど、とにかく楽しかったよね!何もかも楽しかった!MCはいわなべが絶好調だった!組体操はYoutubeでもやろう!!SnowManはかっこよくて可愛くて面白くて楽しかった!!!少しでも気になったらYoutube見てみてください!無料です!!

おそらくSnowManが見せたかったSnowManと、ファンが見たかったSnowManは、「FREEZE」「Go Higher」「Can't Get Enough」この3曲に詰まっていたと思う。一体誰におこづかいをあげたらいいのかわからないけど、この3曲の流れが最高だった。前にもどこかで言った気がするけど、SnowManの強みの1つはメンバー間にジェネレーションギャップが存在しないことだと思っていて(入所差も他グループと比べると少ない)、だから6人揃って20代半ばに差し掛かった今やるべき3曲だったと思うし、メンバーの中で誰一人として“似合わない人”がいないのがよかった。彼には幼すぎる、彼には渋すぎる、そういう気を遣わなくてもいいのはSnowManの強みだと思うし、全員が同じものを見て同じものを知って、同じ流行、同じ廃れ、同じ景色を通ってきたからこそ、個性は強すぎるくらいなのに1つの曲に対してのアプローチに共通点を感じる。だからSnowManのダンスはばらばらに見えないんだろうなって思った。特に「Go Higher」と「Can't Get Enough」はSnowManの年齢と空気感と諸々のスキルに見事はまっていた。すごかった。

「Snow Dream」もやっとフルで聴けて嬉しかったし、2番の歌詞も本当に良くて作詞家さんには頭が上がりません。足を向けて寝られない。そしてそれをとても大事そうに歌う6人が、白く染まった客席に目を細める6人が、かっこよくて、綺麗で、輝いていて。横アリも間違いなく綺麗だったけど、それを経て、この曲を大事に思う人たちが集まる空間がとても幸せだった。
何度も何度も言って申し訳ないんだけど、私は2014年の年明けすぐに、今後Jr.を応援するのはやめよう、こんな思いはもうたくさんだ、って思った。誰かにデビューしてほしいなんて、デビューさせたいなんて、そんな感情はもう二度と。こんなに泣くくらいならもう誰のことも。あのときたしかにそう思った。それなのにどうして私は、デビューを夢見る彼らの元に足を運んでいるんだろう。どうしてこの曲を聴くだけで、こんな、どうしようもない気持ちになるんだろう。SnowManが、渡辺くんが、心から笑っている姿をずっと見ていたいって思ってしまうんだろう。濱田くんがJr.だったときも、こんな風に1回1回の公演を噛みしめるように見ていたなぁって思い出して、また戻ってきてしまったと認めざるを得なくなった。悔しい。だけど、楽しい。
「Snow Dream」に出会わなかったら、SnowManがこの曲をもらわなかったら、私はまた違う気持ちでSnowManを見ていた気がする。なんて曲をもらってくれたんだ。なんて良い曲を歌ってくれちゃうんだ。これ以上沼に引きずり込まないでくれ、SnowMan。悔しい。好きだ。

平成最後の夏を、忘れられない夏にしてくれてありがとう。SnowManにとってもそんな夏になっていたらいいな。
SnowManが理想の未来に立つ日が、早く、早く、訪れますように。


ところで渡辺くん。舞台袖で「“ゆきお”ひと夏のアバンchu~ル」なんていうグッズ名思いつちゃうその才能、どこかで活かしません???

ジャニーズWEST NEW SINGLE 「スタートダッシュ!」について

ジャニーズWESTの10枚目のシングル「スタートダッシュ!」が8月15日に発売されました!!はい拍手!!!さぼらないで拍手!!!前回がプリンシパルの君へとドラゴンドッグの両A面だったわけですが、半年ほど期間が空いて有名サッカーアニメ「キャプテン翼」のOP曲でシングル発売です!待ってた!!
さて、今までの傾向からいくと、初回限定盤にはそれぞれ異なる魅力で溢れたジャニーズWESTのDVDがつき、通常盤にはジャニーズWESTの素晴らしい歌声が堪能できるカップリング曲が入っているんですが…今回も例に漏れずその形です!あなたは可愛いジャニーズWESTが好きですか?それともかっこいいジャニーズWESTが好きですか?顔なんてどうでもいいんだよ歌が聴きてぇんだよ派ですか??まあとりあえず以下のおすすめ記事を読んで、お財布に樋口一葉を入れてCDショップへ行きましょう。大丈夫。樋口一葉がいれば大丈夫。樋口一葉はあなたの味方です。


【初回限定盤A…CD+DVD】
・可愛いジャニーズWESTを見たいならA
・わちゃわちゃしたジャニーズWESTを見たいならA
・カラフルな衣装を着てるジャニーズWESTを見たいならA
・サッカーやってるジャニーズWESTを見たいならA
・ダンスしてるジャニーズWESTを見たいならA
・飛んでくる文字を避けるジャニーズWESTを見たいならA
・オーバーヘッドキックしてる桐神を見たいならA
・運動音痴炸裂させてる淳太くんを見たいならA
・テンション中の下なのんちゃんを見たいならA
・あっくんがサッカー部だった話を聞きたいならA
ひょっこりはん神ちゃんを見たいならA
・濱神好きならA
・元気よく動きすぎて撮り直しになる濱田くんを見たいならA
・濱重好きならA
・重岡くんの優しい「よかったよ」を聞きたいならA
・全然立ち位置に辿り着けずうろちょろする淳太くんを見たいならA
・左キックができなさすぎて流神に教えてもらうヒザ神淳太くんを見たいならA
・一生懸命ステップの確認するのんちゃんを見たいならA
・サッカー部に体験入部してる重岡くんを見たいならA
・重淳好きならA
・扇風機で服に風入れてる濱田くんを見たいならA
・淳太くんの下手っぴなリフティングを見たいならA
・重岡くんの上手なリフティングを見たいならA
・強いチームな設定のジャニーズWESTを見たいならA
・桐望好きならA
・重岡くんの「ウシさん」を聞きたいならA
・あっくんにおかえりって言ってもらいたいならA
・のんちゃんにおんぶされてる神ちゃんを見たいならA
・ツインによるモテ男子空き時間を見たいならA
・神ちゃんのドヤ顔を見たいならA
・淳太くんによる濱田くんの小さい目いじりを見たいならA
・濱神重による第1回ジャニーズWESTフレームイン選手権を見たいならA
・可愛いお顔で近づいてくる重岡くんを見たいならA
・とにかく重岡担はAを買ってください
・吸ったままの状態での一本締めを見たいならA

【初回限定盤B…CD+DVD】
・重神好きならB
・重神好きなら悩まずにB
・重神好きはとにかくBを買ってください!!!
・かっこいいジャニーズWESTを見たいならB
・セルフで染めた赤髪神ちゃんを見たいならB
・神ちゃんのピアスざくざくな耳を見たいならB
・オーバーヘッドキックのせいで筋肉痛なあっくんを見たいならB
・手で輪を作ってアカツキを表現しちゃう淳太くんを見たいならB
・雰囲気ある髪型にした流星さんを見たいならB
・濱田参観をする流淳を見たいならB
リップシンクをフルで2回撮る濱田くんを見たいならB
・はまこた好きならB
・濱田くんのなで肩を堪能したいならB
・釣具を買いに行く濱田くんを見たいならB
・目を開けるジャニーズWESTを見たいならB
・目をいじられる濱田くんを見たいならB
・望「こういう形のチェスの駒あるよな」
・ジャニーズWESTinケータリングを見たいならB
ハラダくんになる濱田くんを見たいならB
・重「うさぎさんのっ…いる月やぁー!」
・なぜかしゃがまされる淳太くんを見たいならB
・釣りのよさを3つ挙げる濱田くんを見たいならB
・寝てて取り残される流星さんを見たいならB
・望淳好きならB
・のんちゃんの学校の先生の真似をさせられるばどを見たいならB
・濱田くんにばーか!って言う重岡くんを見たいならB
・スクリーンの自分と同じことして恥ずかしがるあっくんを見たいならB
・スクリーンの自分とシンメになる淳太くんを見たいならB
・やっぱり2回撮る濱田くんを見たいならB
・ソウルフルな赤い重岡くんを見たいならB
・重望好きならB
・増殖する流星さんを見たいならB
・増殖する濱田くんを見たいならB
・重神ちゃんをなでなでする流星さんを見たいならB
・濱「皆さん見てください!こんなに大きなまーアカツキ!」
・濱「それがアカツキ!」6人「はあ?????」
・突然一時停止する濱田くんを見たいならB
・円陣組むジャニーズWESTを見たいならB
・濱「うー、アカツキ!」
・神ちゃんに怒られる濱田くんを見たいならB

【通常盤…CD】
・カップリング曲を聴きたいなら通常盤
・とりあえず神ちゃん担は通常盤必須
ジャニーズWESTの夏曲好きな人は通常盤
都道府県名覚えたい人は通常盤
・県庁所在地覚えたい人は通常盤


それではレジに行って788円をもらってください。樋口一葉にはまた会えるからね。経済は回すものだからね。樋口一葉と別れても、ジャニーズWESTと出会えるから何も寂しくないよ!イケメンマジック!そして一通り見たり聴いたりしたら、その流れでNetflixさんにて配信中の「宇宙をかけるよだか」もどうぞご覧ください!!よろしく!!!

ジャニーズWEST TOUR Westivalを終えて

終わってしまった。約半年に渡ったツアーが、とうとう終わってしまった。私は2月の神戸と5月の北海道を観ることができたんですが、日程が発表されたときに、なんで北海道オーラス…って萎えたのは言うまでもない。それでなくても2回しかないっていうのに、そこにオーラスぶつけます??地元民行けなかったら本末転倒じゃん全国ツアー!!
と思っていたのはどこへ行ったのやら、今はWestivalのオーラスが地元である北海道だったことが本当に嬉しいし、あのオーラスに入れたことに感謝しかない。個人的には「ラスト・ホールド!」の舞台挨拶とWestivalオーラスがド被りするっていう悲劇があったりしたわけですが(わざわざ北海道に渡辺くんが来てるっていうのに見に行けないってどういうことだよ)、の驚きと感動と感謝と愛に溢れたオーラスでした。
オーラスのことは置いておいても、このWestivalツアーを通して、自分がどれだけジャニーズWESTを好きで、どれだけ7人に支えられていて、どれだけ濱田くんに勇気をもらっているか再確認したような気分なので、レポでも感想でもないようなひとりごとを。

今回のツアーは私も何となく感じていたけど、例年に比べるとそこまで好評でもない。個人的には嫌いじゃないけど、やっぱりなうぇすとやラキセに比べると物足りない感じもある。物足りない、何が足りてないんだろう。曲数が極端に減っているわけじゃない。パラパラもかっこいい曲も可愛い曲も楽しい曲もちゃんとある。MCがお知らせだらけだったのはまあしょうがないとして、ゲームコーナーも健在で、映像での繋ぎも公演ごとに変わるから退屈ではなかったし。Jr.コーナーのまとくんは大変素晴らしかったです。DVDが楽しみ。
それでも足りないと感じるのは“かっこいい曲”が少なかったからかな、と思う。実際はその定義も難しいんだけど、個人的には“ジャニーズWESTがかっこつけて踊ってる曲”をかっこいい曲として、なうぇすととWestivalを比べてみた。ちなみにユニット曲は除く。
なうぇすと…5曲(PARTY MANIACS、King of Chance、CHO-EXTACY、Believer、one chance)
Westival…4曲(SHE IS MY…、ドラゴンドッグ、Evoke、Baby Good!!!)
若干お情けでべびぐ入れた感はあるんだけど、これ入れなきゃ差がありすぎるから!おたくはもちろん可愛いジャニーズWESTもおもしろいジャニーズWESTも大好きだけど、やっぱりコンサートでしか見られない世界一かっこいいジャニーズWESTが好きなんだと思う。私は好きです!!大好きです!!!今年は“Westival”だからお祭り感(そういえばお祭り感もあんまりなかった気が…)とか楽しさ重視のセトリだったんだろうとは思うんだけど、ジャニーズWESTが思っている以上におたくはかっこいいジャニーズWESTを求めているよ。ユニット曲に可愛い路線やおふざけ路線がなかったからその分…っていうのもあるのかもしれないけど、おたくの中でユニット曲は別腹なので気にしないでほしい。個人的には半分くらいかっこいい曲でもいいなー。

なんか文句ばっかり言ってるけど、今回のユニット曲は大好きなんだよね!桐重の一人勝ち感はあるけどさ!!
重岡くんがピアノを弾いて、あっくんが三線を弾く。実際に自分の目で見るまではその画が想像できなかったし、少しだけ不安もあった。あっくんはともかく、私の中で重岡くんは音楽の人じゃない。音楽の方面俺が引っ張っていくぜ~!っていうタイプの人じゃないってことはよく知っているし、むしろ照史と神ちゃんと濱ちゃんいるからおっけー!淳太遊ぼ!っていうタイプの人でしょうそうでしょう。そんな重岡くんが、ステージでピアノを弾く。お仕事のために多少は弾けても、ファンの前で一曲披露してくれるだなんて。私は今までの人生で音楽には一切触れてこなかったし、そもそも楽器というものにあまり興味がない。弾いている人を見るとかっこいいな、すごいなぁ、とは思うけれど、別に弾きたくはないし、欲しくもならない。そんな義務教育で習う音楽の知識以上のことは何も知らない私が、重岡くんのピアノは楽しそうだと思った。音符が楽しそうに揺れている。鍵盤を押す重岡くんの指に合わせて、音符がぴょんぴょん跳ねている。素人の私でもわかる明らかな間違いを一切気にせず指を止めない重岡くんは、とても楽しそうでかっこよかった。間違えることも生演奏の醍醐味でしょ?って言ってるみたいだった。技術のこととかは全く分からないけれど、こんなに楽しいピアノは初めてだって思った。神戸ではそんな重岡くんへの拍手が大きすぎてあっくんが拗ねちゃうっていう場面もあったんですが、重岡くんがあんなに楽しそうにリラックスして弾けていたのは隣にあっくんがいたからだと思います。あっくんは音楽の人だし器用だから、楽器弾くのもなーんの心配もない。私が三線の音を知らないせいなのかもしれないけど、あっくんの音を聴いていて間違えたって思うことはなかったし、たまに重岡くんを見ながら笑顔で落ち着いて弾いてた記憶しかない。あっくんの三線の音がこの曲の持つ懐かしさとか切なさを引っ張り出すようで、本当に三線を選んだあっくんさすがって感じ。さすがあっくん。はちゃめちゃになりそうな重岡くんのピアノの音が、どっしり落ち着いたあっくんの三線の上に乗っかって、ゆらゆら運ばれているような『乗り越しラブストーリー』。
『Into Your Eyes』はまず曲が好き。KAT-TUN育ちだからかなぁ…曲調めちゃくちゃ好き…。あと藤井流星にあの白シャツ着せた人出てきて。金一封差し上げます。特別華奢ってわけじゃないのに、ああいう線の細い服似合うのすごい好き。友人たちは私が流星さんの顔めちゃくちゃ好きって知ってると思うんですけど、この曲はとにかく流星さんの顔の良さで打ちのめされる曲でした。私は流星さんのお顔が好きだからそう思うんだけど、のんちゃん好きな人はのんちゃんの顔面に打ちのめされていたし、淳太くん好きな人は淳太くんの顔面に打ちのめされてました。思うじゃなくて断言。皆あの良いお顔たちに打ちのめされてた。でもあのベッドカメラ(っていう名前かは不明)はずるいよね~!濱田くんのファンである私がひゃー!ってなってるんだから、該当担の皆さんは…生きてる???ちゃんと息してる???不倫の歌って時点で演出の予想は多少できたけど、白シャツ+ベッド+指輪って…三種の神器かよ…。がっでむの余韻に浸りながらただひたすら3つの良いお顔に見とれていた私は、3人の思惑通り(?)最後の最後まで薬指の指輪に気がつかなかったので、モニターに映った瞬間めちゃくちゃ動揺した。ちょっと待っておい嫁体育館裏にこい!!とりあえず離婚だ!!!淳太くんの指輪は年齢もあって妙にリアルで、なんかよくわからない罪悪感に苛まれた。私既婚者に恋してる感すごい。奥さんごめん。流星さんの指輪はなんかえっち~!その指輪さえ流星さんの魅力の一つになるというか、他人のものほど欲しくなる。のんちゃんの指輪はアウト。結婚してるなんて知らないで好きになっちゃうやつ。そんで関係持ってから言われるやつだ。とりあえずDVDの特典に3人それぞれのサイズの結婚指輪付けません???
濱神ちゃんのユニット見たいおばけだった私を成仏させてくれた『GOD DAMN』。もちろん、またやってくれるっていうならすぐ蘇ってくるんだけどね~?皆さんご存じの通り私は下から風に吹かれてる濱田くんが大好きなんですけど、あの演出だけでチケット代回収完了!と思って見てました。風に吹かれてる濱田くん本当に好きなんだ。熱く語りだしたら引かれるくらい好きなんだ。そして何より、ダンスが嫌いだと公言している濱田くんが(踊れるくせにね)、自ら神ちゃんにダンスナンバーをやろうと声をかけて濱神ユニットが決まったってことが尊い。濱田くんはダンス嫌いかもしれないけど、おたくは濱田くんがダンスしてるのめちゃくちゃ好きだからね。嫌いなダンスを神ちゃんとやろうって思ってくれた濱田くんを抱きしめたい。嫌がられるだろうけどさ!前からずっと濱神ちゃんユニットで、ゴリゴリのダンスがギター弾いてほしいと思っていたので、夢が一つ叶いました。ダンスやろうと思ってくれて、本当にありがとう濱田くん。そしてかっこいい振りをつけてくれてありがとう神ちゃん!!激しいダンスとアクロバット集中砲火で死にそうでした!ずっと濱田くんを見ていたので、風に吹かれてる神ちゃんを生で見ることは最後までできなかったわけだけど、濱田くんと並んで踊る神ちゃんは最高にかっこよかったよ~!あと毎回最後に濱田くんを迎えに来てくれてありがとう~!!がっでむは最後に二人が倒れてから暗転して終わるんですけど、毎回神ちゃんが濱田くんのところへ行って、手を引っ張って起こしてくれるんですよ。立ち上がってちゃんと二人で肩を組んでから、ばらばらにはけていくんですね。尊い。二人がはけるまでががっでむです。神ちゃんが絶対に自分を残してはけたりしないって信じてる濱田くんと、倒れたままの濱田くんを絶対に置いていかない神ちゃんだから成り立つんですよ。尊い。もっといえば、始まる前に暗い横花道でストレッチしてる濱田くんもかっこいい。がっでむはそこから始まってる。尊い。この二人だから絶対におふざけソングはこないだろうと踏んでいたけれど、しっかりおたくの需要わかってくれて嬉しいよ!できればいつか濱神ちゃんユニットでギター弾き語りとかやってくれたら思い残すことはないです!私は色んな方面で神ちゃんのセンスを信じているので、どうぞ一つよろしく!あと神ちゃんのダンスをDVDで堪能したいので早く発売してください!!

文句も色々言ったけれど、私はジャニーズWESTが楽しくお仕事していてくれればそれでいいので、今回のツアーも最終的には楽しかった記憶しかないです!特に今回のツアーの間にジャニーズ事務所として色々あったから、大好きな人たちが元気にお仕事していてくれること、大好きな人たちが笑顔でステージに立っていてくれること、大好きな人たちがジャニーズでい続けてくれること、それら全てが当たり前じゃないってことを何度も噛み締めながら見た北海道公演でした。明日どうなるかなんてわからないから、できるだけ楽しい思い出を作っていけたら。できるだけ7人の笑顔を覚えていられたら。
Westivalツアー本当にお疲れさまでした!ジャニーズWESTにも、大変なことやつらいことは少しだけ、良いことはめいっぱい訪れますように!!来年も笑顔の7人に会えることを楽しみにしてます!

滝沢歌舞伎2018を観に行ってきた話(ネタバレ有)

まだ4月だっていうのに半袖を着て行ってしまったので、夏は一体何を着て行けばいいんだろう。
さーて、行ってきました滝沢歌舞伎2018!ホテルに寄る暇もなく桟敷席に滑り込んだり、ジャニショに行ったら激混みで開演に遅れそうになったり、急遽予定になかった土曜日の昼公演を観ることにしたせいで帰りの飛行機の出発30分前に空港に着いたり、なんで私はこんなぎりぎりで生きてるの?金曜の夜にだてさくとKAT-TUNを観てきたから??私はKAT-TUNなの???ものすごく慌ただしい、焦ってばかりの遠征でしたが、内容はめちゃくちゃ充実してたよ!
今年の歌舞伎はそんなに…っていう感想を聞いていたので、正直そんな期待せずに行ったわけです。渡辺くんもそんなずっと出てるわけじゃないみたいだし~気楽に観てくるか~くらいの気持ちで行ったわけです。でもよくよく考えたら私の滝沢歌舞伎は6年ぶりで、しかもそのときは濱田くんを見るためだけに行っていたので、渡辺くんの記憶がない。薄らとかじゃない、皆無。つまりほぼ初めて滝沢歌舞伎のステージに立つ渡辺翔太を見たわけで。当たり前だけど、楽しくないわけがない。だって!DVDには映らない渡辺くんのダンスとか、背中のほくろとか、ほっぺたの跡とか、全部見られるんだよ!防振双眼鏡を覗けばくっきりはっきり見えるんだよ!気を抜いて行った私的には首が痛くなるほど渡辺くん出てたよ!なんなら渡辺くん出てないときはさっくんのダンスを見るために防振双眼鏡持ってたから二の腕筋肉痛だよ!!今からDVD出るのが楽しみで眠れない!!!
今回は取れたチケットも譲っていただいたチケットも全て1階で、1つは左列の桟敷席だったり、1つは前列の26番で渡辺くんの立ち位置0ズレってやつでした。チケット見ても上手だな~渡辺くん近いかも~って呑気にしてたので、春の踊り始まって死ぬかと思った。息の仕方忘れるってこういうこと…。演舞場自体も久々すぎて、2階から見ないと奥に行った渡辺くんが見えないのでは…?って不安になったりもしたけど、多分見えなかった渡辺くんはいなかったと思う。それにしても桟敷は良い。リラックスして舞台観れるってすごく良い。来年も当たりますように。

今年の歌舞伎は盛り沢山すぎて正直なにを書き残せばいいのかわからないんだけど、まずは渡辺くんのいない『SPARK』の話を。
私的初日の『SPARK』を観終わった後、「あ、私はこれを観に来たな」って思ってしまった。いやいやお前は渡辺くん観に来たんだろって自分に突っ込みたくなるけど、そう思ってしまうほど、どうしようもなく見入ってしまった。健くんの後ろで踊るのは、林くん、ひぃちゃん、舘様、さっくん。渡辺くんはいないから双眼鏡を覗くのはやめて、少し目を休ませる時間にしよう。そんなことを思っていた私は、気づいたらがっつり防振双眼鏡を構えて、さっくんを追っていた。4人4様の踊り方で、ぴったり揃っているわけじゃないのにまとまった1つのショーに見える。風に揺れる白い衣装も、対比するように黒く染められた髪も、全てが完璧だった。その中で私は、小さい体を爆発させるように踊るさっくんをずっと見ていた。きっと衣装のせいなんだけど、さっくんの周りだけ空気がゆったり動いているように見えて、大きく動くさっくんの手足がそれを、切って、すくって、かき混ぜる。それがとっても綺麗で、芸術品みたいに美しくて、目が離せなかった。こういうダンス、さっくんにもっと踊ってほしい。そしてたくさんの人にそれを見てほしい。『SPARK』だけでチケット代の元は取れたので、めちゃくちゃお得な舞台です。

あとは主に渡辺くんの話。と言っても基本はかっこいいと可愛いで構成されるので、私が急遽土曜日の昼公演を増やそうと思った主な原因の話を。

★Shadow Dance
ファンレにもめちゃくちゃ書いた。かっこよくて可愛くてめちゃくちゃかっこいいですって死ぬほど書いた。パンフレットにちゃんと『Shadow Dance』って書いてあるのにぴんとこなくて、それに渡辺くんがいるっていうのも見るまですっかり忘れてた。いやいや前にも『Shadow Dance』やってるじゃん…お前何回見たんだよ…って感じなんだけど、本当に記憶力悪いんです。自分でびびる。渡辺くんびしばし踊っててかっこいいし、私が見た回は目黒くんとアイコンタクトしたり目黒くんのお尻叩いたり、それはもう素晴らしいめめなべを拝見したんですが、何が一番かっこいいって…最後にスクリーンの龍に合わせてロンバクしてくる渡辺くんだよ!!!かっこいいの塊!!!下手袖でスクリーンを見上げながらタイミングを計って、龍と一緒に上手に飛んでくる。あーーーー好き!!!!あまりネタバレ見なかったから渡辺くんがそこを担ってるって知らなくて、えー!?って声が出そうになった。お顔がそもそもかっこいいんだから、そんなかっこいいことまでやらなくていいんだよー!嘘ですもっとやって!!
★Thousand Suns
Jr.が黒い衣装着て新しい曲歌うよ。っていう中途半端な情報だけを仕入れていったせいで、上手から出てきた渡辺くんのかっこよさに大混乱。女優帽!!女優帽被ってるよ渡辺くん!!!そして健くんは今年も渡辺くんにハイネックを着せる!!気持ちはわかるよ健くん!!女優帽被って、ハトメだらけのロングジャケット着て、白い靴下にVANSのオールドスクール履いてるのに、インナーは半袖なんですよ。黒のハイネックの半袖。私が見た中では1公演だけジャケット肌蹴てくれて、半袖から覗く白い二の腕が見えたんですけど…なんだか見てはいけないものを見てしまった感じがして…端的に言うと渡辺くんえっち~!!!咄嗟に目を逸らさなければいけないようなえっちさがありました!服が黒いから肌の白さが目立つのよ!女優帽でお顔さえ隠そうとするのに、二の腕はたまに見せちゃうんだね!えっち!!渡辺くんはサビ前でソロもらっていたので、サビ前は毎回息を止めていました。
★Boogie Woogie Baby
何回も見てるんだけど、何回見てもいいよね。何回見てもベレー帽被ってる渡辺くんはかっこいい。コンサートだとペンライト振ったりきゃーって声出したりモニター見たりと忙しいから、座って双眼鏡構えてゆっくりブギウギを見られるの良い。じっくり渡辺くんのお顔を見ていられるの良い。ただ暑そう。
★ナベ郎
こんな可愛いわんちゃん出てきたら、舞台に集中できないじゃん!!!!!そのくらい可愛いナベ郎ちゃん。ファンレでは褒めきれない可愛さだよ渡辺くん。プロ級に可愛い鳴き声と、プロ級に可愛いお顔と、雑な扱われ方。このバランスがたまらないんだよね~!ガン太郎に文句言って逃げていくところなんて、客席のあちこちから抑えきれなかったため息が漏れ聞こえてきてたよ。前髪がふさふさしているのも可愛いし、大縄で飛んでるのも可愛いし、歌い出すお丸ちゃんを見てにやにやしてるのも可愛い。合間合間でバレないように休んでるのもこれまた可愛い。可愛い渡辺くん大集合って感じのナベ郎。最後の最後に着ぐるみ着てあれだけ動くのって相当大変だろうけど、体力ないって自覚してる渡辺くんが本当に頑張ってて、ひたすら褒めて褒めて褒めまくりたい。ファンレもおべっかとか気を使ってとかじゃなくて、皆本気で渡辺くんのことすごいって思ってるはずだよ。褒めるところしかないもの。すごいところしかないもの。おそらく今年がナベ郎ちゃんに会える最後の年。皆ナベ郎の可愛さの虜になってしまえ。

とりあえず思いつくものを書いたけど、『逆転ラバーズ』も『浮世艶姿桜』も『蒼き日々』も、他にも渡辺くんが出てるところぜーんぶ本当によかった。焼肉の網LEDの板を持ってる渡辺くんもセグウェイ乗ってる渡辺くんもかっこよかったよ!DVDだと頭をひねる演出だけどさ!
6年前に滝沢歌舞伎を観たときは、“滝沢歌舞伎”を観るっていうより“濱田崇裕”を見に行ってる感覚の方が強かった気がする。そもそも歴史が苦手なので、当時2幕でやった『平将門』も実はちんぷんかんぷんだった。本当に濱田くんや関西Jr.がいるから観に行っただけで、歌舞伎のことも全くわからないので内容とか演出とかはさっぱり。濱田くんがかっこよかった記憶しかない。失礼な言い方をすれば、濱田くんが出ていないシーンは退屈だった。だけど、渡辺くんを見るために行った今年の滝沢歌舞伎は、渡辺くんを見つつ、演出や一人一人の表現にも色々感じられるようになって、単純に『滝沢歌舞伎』そのものがとても面白かった。それはまあ、自分が年を取ったっていうのももちろんあるんですけど。こんなにも大好きな人の色んな表情を見られるステージって他にないよなってことを、6年越しに実感しました。私は渡辺くんが好きで渡辺くんを見るために行ったんだけど、もうただの『滝沢歌舞伎』のファンだった。

今年は御園座もあって長丁場だけど、どうかどうか出演者の皆さんが怪我なく終えられますように。渡辺くんがどこか痛めたりせずに、笑顔で千秋楽を迎えられますように。
座長は早く卒業しろよって言うけれど、来年も、再来年も、新橋演舞場SnowManに会いたいです。

関ジャニ∞が好きでした

すの単独の感想を上げるどころではなくなってしまった。ちんたら書いてるからだよね、本当にね。

関ジャニ∞が好きでした。
10周年の長居が外れて、私はジャニーズWESTの夏松竹へ行った。長居にはグッズだけを買いに行った。その辺りから徐々に関ジャニ∞から離れていくことになったわけだけど、デビューからずっと揃えてきたCDやDVDはそれからもずっと買い続けている。8人から7人になっても、本格的にバンドをやり始めても、ずっとちゃんと買い揃えてきた。そして、今度発売されるベストアルバムももちろん予約してある。キャンセルなんてするつもりはない。
私は元来聞き分けのないおたくで、そのくせ好きな人を全肯定したいおたくです。渋谷すばるに行ってらっしゃい頑張ってねなんて死んでも言えないけど、渋谷すばるが正しくて正解で正義だと思ってるタイプのやつです。だから、嫌いになることも、恨むことも、憎むこともできない。どうして今って思う気持ちも嘘じゃないけど、メンバーを、関ジャニ∞を大切に思っているのが伝わってくる今でよかったと思う気持ちもあって、きっと今じゃなかったら彼が辞めるのはもっと早い時期だったのかもしれないと思うと、行かないでという言葉が喉につかえる。彼が笑ってここを去ることのできる日が来るなんて、来てしまうなんて。アイドルが嫌になって辞めてしまうんじゃないかと不安に思うことはあったけれど、こうして、前向きに辞めていくなんて。
私は8人の関ジャニ∞が好きだったから、多分7人の関ジャニ∞を受け入れられるようになるまで時間がかかった方だと思います。正直に言えば今でも心のどこかにひっかかってる。全然気にしてないような振りをして、もう忘れましたよって顔をして、だけど小学生の私が13年間ずっと心の隅っこでうずくまってべそをかいてる。たまにじたばた暴れだすのをなだめて、あやして。そうやってゆっくり時間をかけて7人の関ジャニ∞を好きになってきた。好きだと思えるようになった。そんな私が6人の関ジャニ∞を愛せるまでに、どれだけの時間が必要なんだろう。何年経ったら、今の私は未来の私の心の中で大人しくしていられるようになるんだろう。すばちゃんがいない、すばちゃんの声が聴こえない、って泣きわめく私は、いつになったら。

すばちゃん。私はあなたのことが好きです。ずっとずっと、きっと、好きです。あの時期を乗り越えたから、もうどこにも行かないで関ジャニ∞でいてくれるって思ってました。メンバーがいなくなる痛みを知っているあなたは、大人になったあなたは、大丈夫だろうって思ってました。おつむの弱いおたくでごめんね。すばちゃんの歌が好きでした。関ジャニ∞のど真ん中に立つ小さくて大きいあなたが好きでした。横山さんを友だちだと言うすばちゃん、ひなちゃんを笑かそうとするすばちゃん、丸ちゃんに狙われてるすばちゃん、章ちゃんの曲を歌うすばちゃん、亮ちゃんに猛烈に慕われてるすばちゃん、大倉くんだけには雑に扱われるすばちゃん。腹が立つこともあったよ、嫌になることもあったよ。でも失うことを知ってからじゃ眩しい思い出しか浮かばない、ずるいよ。それでも好きだった。もう遅いってわかってるけど、もっと好きでいればよかった。くれぐれも、体には気を付けて。すばちゃん越しに見る大倉くんが、大好きでした。

まだ今は、『関ジャニ∞が好きです』とは言えません。私は『関ジャニ∞が好きでした』。

ジャニーズJr.祭 SnowMan単独公演に行ってきた話

あほみたいな強行スケジュールで行ってきました。そもそも1公演のためだけに飛行機乗ることが久々で、ただ、SnowManの初単独横浜アリーナ公演を見るために、渡辺くんの声が響く横浜アリーナへ行くためだけに。朝一の飛行機で帰ってそのまま仕事へ行くのは…もうしばらくはしたくないかな…。

楽しかった。SnowManだけのアリーナコンサート。ステージにいるのは6人だけで、モニターに映るのも6人だけで、聞こえる声も6人だけ。SnowManしかいないステージと、SnowManを見るために集まった15000人。ウルトラミラクルハッピーな空間って感じでした。仕事がド繁忙期だったので行くかどうか悩んだりもしたけれど、来てよかったと思った。“初めての単独横浜アリーナ公演”っていう後にも先にもない、たった1度きりのコンサートにちゃんと来られてよかった。私の代わりに仕事をする人はいても、私の代わりに渡辺くんを見てくれる人はいないからね!
コンサートの細かい感想を挙げるときりがないし、渡辺くんかっこいいかっこいいかっこいい可愛い可愛いかっこいい!しか言わないので呪いの手紙みたいになるからやめよう。セトリに『いつか』を入れてくれたり、いわなべで『Sexy Zone』歌ってくれたり、楽しかったことや嬉しかったことだらけだったからね。でも!せっかくなのでソロ曲の感想だけはちょろっと!

★岩本照ソロ曲『アンダルシアに憧れて』
ソロ曲トップバッターはひぃちゃん。渡辺くんがいないから、じっくりゆっくりひぃちゃんの声をダンスを堪能できたわけなんですけど、いつの間にか終わってた。ひぃちゃんが歌うアンダルシアいいなぁ~ダンス綺麗だなぁ~なんて見とれていたら、あっという間に終わってしまった。気づいたら壁に向かって走ってて、えって声も出ないうちに長い足が壁を蹴って、筋肉で重そうな体が羽のように宙を舞っていた。極め付けには、鋭い目がふにゃりと柔らかく細まって、大きなモニターに映し出される安心したような、照れたような笑顔。会場中の「可愛い~♡」っていう心の声が漏れ聞こえてきたよ。わ~すごーいかっこい…かっわいいな!?っていう感情ジェットコースター。ひぃちゃんのかっこよさと可愛さがぎゅぎゅぎゅ~っと詰まった数分間でした。

宮舘涼太ソロ曲『~Follow me~(亀梨和也)』
やると思った~!!絶対やると思った~!!!笑 本家を去年のソロツアーで拝んできていて、曲自体がそもそも好きなんだけど、それを横浜アリーナで聴けるとは…。イントロ流れた瞬間になんかよくわかんないけど血が騒いだ。私が亀好きでこの曲好きなんだから、そりゃあ舘様も亀好きなんだからこの曲好きよねやりたいよね!っていうよくわかんない興奮の仕方をした。しかもなんか渡辺くん引っ込まないでそのままステージにいるんだけど!?どういうこと!?って思っている間に歌い始めるし、目が足りなさすぎて大混乱。そのせいかここら辺の記憶があまりないというか、記憶がごちゃごちゃしてる。舘様の膝をぺしんってした渡辺くんと、太ももスクラッチしてる渡辺くんしか思い出せない。でもやっぱり流石SnowManのセクシー担当というか、舘様のソロだってわかった瞬間に会場の空気ががらっと変わるのすごいと思った。お客さんのあの待ってました感ってある種のプレッシャーだと思うんだけど、その期待にしっかり応えてくれる安心感よ。ごめんね、次も期待させてください。

阿部亮平ソロ曲『T.A.B.O.O(櫻井翔)』
絵に描いたようなジャニオタ街道を生きてきた私も、実はこの歌は通ってきてなかったりする。存在は知ってるけど、ちゃんと聴いたことない的な。でも周りの阿部担の反応見ていればわかる。阿部ちゃん選曲大正解。センステで赤い衣装を着て、四方八方へかっこいいお顔を振りまく阿部ちゃん。この曲も渡辺くんがいなかったのでゆっくりじっくり阿部ちゃんを見られたんですけど、阿部ちゃん丈の長い服似合うよね。知ってたけど、知ってたんだけど。横浜アリーナのど真ん中で足にまとわりつくジャケットの裾を翻して、いつもの穏やかで知的なイメージをぶち壊すみたいに歌い踊る阿部ちゃん。阿部ちゃんを見に来た人が幸せになってるのがわかった。ついでに言うと、私も幸せだったよ。

佐久間大介ソロ曲『ヲタクだったってIt's Alight!(宮田俊哉)』
安定のさっくん!以前やったことのあるソロ曲を選んだのは唯一さっくんだけ。さっくん担は聞き飽きた感あると思うし、せっかく初単独横アリなんだから新しいのやってむしろガシガシ踊って!っていう気持ちもわかる。さっくんのダンスが好きすぎる私には大いにわかる。わかるけど、この曲は必要だったと思う。さっくんがおたくっていう個性を打ち出し続けるなら、30000個の目にこの曲を焼き付ける必要があったと思う。個人的にはヲタ芸をやる渡辺くんは何回見ても可愛いし、紫色の法被を着てる渡辺くんは何回見ても可愛いから飽きることはないんだけどね!SnowManと初めましての人でもどこかでこの曲とこの曲を踊るさっくんに出会っているはずだから、知っている光景があることは嬉しいものだと思う。今回のコンサートは全体を通して披露済の曲と新しい曲とのバランスがいいなと感じたんですが、さっくんのソロ曲がそのバランスや曲の繋ぎを担っているなと感じました。でも次は踊ってねさっくん!!!

★深澤辰哉ソロ曲『ALIVE(玉森裕太)』
横アリ揺れなかった?え、揺れたよね??ふっかがかっこいい曲を~って言ったあたりからざわざわして、イントロ流れた瞬間横アリ揺れたよね???正直私もふっかが真面目にかっこいい曲をやってくれるとは思ってなくて(失礼)、曲が始まっても若干疑ってかかってたんですけど…めっっっちゃくちゃかっこよかったぞおい!!!めっちゃ踊ってめっちゃ歌ってた!おふざけなく!笑顔もなく!ただひたすらふっかが右腕を露出した白シャツを着てかっこよく踊っていた!そしてその後ろで踊っている渡辺くんが死ぬほどかっこよかった!丈の長い長袖の白シャツを着て踊る渡辺くんはまるで天使だった!あーーー天使だったなあ!!このテンションの高さでおわかりかとは思うんですが、この曲踊ってる渡辺くんが死ぬほど好きっていうか、まさかDVD以外で、生で、この目で、『ALIVE』を踊る渡辺くんを見られる日が来るなんて思ってなかったから。DVDには映っていない渡辺くんのダンスを、ちゃんと見られるなんで思っていなかったから。もう本当にふっかには感謝しかないです。この曲を選んでくれたこと、メンバーをバックにつけて踊ろうと思ってくれたこと、おふざけなしで完璧にやりきってくれたこと。ふっかありがとう!そして君のファンはこういう君を求めてると思うよ!!

渡辺翔太ソロ曲『交差点(中山優馬)』
死んだ。いやもう本当に死んだって。死んだんだって。私横アリに墓立ててきたもん。まーさーか、渡辺くんがこの歌をチョイスしてくれるとは思っていなくて、イントロの一番最初の音だけでわかってしまうくらい大好きなこの曲を、渡辺くんが歌ってくれるなんて思いもしなくて。バクステに現れた渡辺くんの姿を見て、声も涙も出なかった。震える手に力を入れて重たい防振双眼鏡を構え直して、目と耳に神経を集中させた。拾え私の耳、霞むな私の目。横浜アリーナで25歳の渡辺翔太が歌う『交差点』を見ることは二度とない。一瞬でも見逃したら、その瞬間を見ることは死んでもできない。明日もない、明後日もない、たった一度しかない。渡辺くんの声だけが横浜アリーナに響いた。30000個の耳が渡辺くんの声だけを聴いていた。自分の語彙力のなさが本当に悲しいんだけど、切ない歌詞を拾っていく渡辺くんの甘い声と大きめのシャツの中で泳ぐ薄い体が、大きな会場のシンプルな白のスポットライトに照らされて、まるで今にも消えてしまいそうに儚かった。私は渡辺くんを見るのに必死で、ふっかがいることだけはわかっていたけど、いつの間にかセンステに4人もいて。SnowManをバックにつけて歌い踊る渡辺くんはとてつもなくかっこいいのに、踊る5人に紛れて消えてなくなってしまいそうだった。同い年の成人男性に儚いって表現を使うのも変な感じなんだけど、渡辺くんは自覚しているからこういう選曲や演出をするんだろうなと思う。まんまと手のひらで転がされているけれどそれがまた楽しいよね。本家と比べると少し大人っぽくて色っぽい『交差点』。初単独横アリにこの曲をぶつけてくる渡辺くん強いな~この会場の広さにこのシンプルさをぶつけてくる渡辺くん強い~~端から負けるつもりないね!!そもそもお顔が完全勝訴!!顔が良ければ歌も上手い!!!渡辺くんには周りのバランスとか考えずにやりたい曲やってほしいな~って思っていたけど、今回はどうだったかな。渡辺くんのソロ曲のチョイスが個人的にはドストライクなので、次も期待しちゃうけど許してね。

2時間半ほぼずっと踊ってたかアクロバットしてたか走ってたかなのに、全員最後まで楽しそうにしていて、改めてSnowManの体力おばけ加減を実感した。バラード挟まずにこのセトリをやりきるって相当だと思うし、すの比では体力ないって言われてる渡辺くんも相当だよね。そりゃ誰もお腹出てないはずだわ。
今までやって来た曲と新しく選んだ曲のバランスや配置も絶妙で、特にソロ曲を続けずに挟んでいったのよかったなって。当たり前だけどSnowMan全員を好きな人だけが来てるわけじゃないし、興味ない人たちのソロ曲が続いたら座っちゃうだろうから、それを防いだのはよかったと思う。実際私の周りはMC以外で座る人いなかったし、メンバーがバックに付いてるのもあって皆ペンラの色変えながら楽しんでた。
本音を言えば、せっかくの単独横アリなんだからオリジナル曲はフルで歌ってとかメドレー多すぎて頭がついていかないからもうちょっと落ち着いてとか、まあ色々あったりするんだけど。でも、そんな不満は6人の歌声に飛ばされてしまった。6人の激しいダンスに砕かれて、6人の眩しい笑顔に溶かされて、まるで雪のように消えてなくなってしまった。かっこよかった。可愛かった。すごかった。楽しかった。大好きだと思った。渡辺くんは2時間半ずーっととっても可愛くてとってもかっこよかったよ!
記念すべき初単独横アリ公演をちゃんと笑顔で終わらせてくれたSnowManに、どこかの偉い人はたくさんご褒美をあげてください。渡辺くんが食べたいものを食べたいだけ食べさせてあげてください。必要なら領収書送ってください。

ソロ曲のこと書いただけなのにこんなに長くなってるから、あとは新曲「Snow Dream(表記不明)」のことだけ。
新曲もらえるかなって、ちょっと期待してた。そろそろ新しい曲もらってもいい頃じゃないですかね偉い人~って思ってた。ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ期待して、かっこいい曲かな、可愛い曲かな、楽しい曲かな、渡辺くんはバラードもいけまっせお偉いさん、なんて思っていた。そしたら。そうしたらいきなり、ふっかがプレゼントをくれるって言って、白いペンライトを持つ6人が現れて、ひぃちゃんが歌いだした。『いわもと』さん家のひぃちゃんが歌いだした。それに気づいたらもう、言葉にならなくて、必死に渡辺くんを視界に入れながらモニターを見た。SnowManの名前が入っている、SnowManのための曲。他の誰にも歌えない、6人の名前が刻まれた曲。そう、それなのに『もう少し』『あと少し』なんて言う。『本当は聞き飽きてるよね』なんて言っちゃう。その歌詞が悲しいくらいSnowManらしくて、好きで、好きで、どうしようもない。SnowManを好きになって日が浅い私でもわかる。彼らは引っ捕まえて縛り付けてファンの自由を奪うタイプのアイドルではない。そういう人たちじゃない。でも、そこに謙虚さは出さなくていいんだよってちょっと笑えた。『ずっと』『もっと』って言っていい。普段口にしない分、自分勝手に乱暴な言葉でいいのに。約束が果たせても、景色が完成しても、ずっとずっと、って。
想像よりずっと素敵な曲をもらえたことも、その曲をファンのみんなへって言ってくれたことも、本当に本当に幸せでした。いつか約束を果たせる日が来ても、描きたい景色が完成しても、どうか側にいさせてください。

SnowMan初単独横浜アリーナ公演、お疲れさまでした。そしておめでとうございます。またいつか、遠くない未来に、必ず同じ場所で。

ジャニーズWEST NEW SINGLE 「プリンシパルの君へ/ドラゴンドッグ」について

3月7日にジャニーズWESTのDOUBLE A-SIDE SINGLE「プリンシパルの君へ/ドラゴンドッグ」が発売になりました!可愛いジャニーズWESTとかっこいいジャニーズWESTの両方を堪能できる作品なんですけど、もう買ったよね??もちろん買ったよね???
「いや~3種類もあるからちょっと迷ってて…」なんて言ってる間にDVD付きのお得な初回盤がなくなっちゃうので、急いでCDショップに駆け込んでください。今からどれを買えば幸せになれるか教えるから!とりあえず3枚確保してから読んでね!!壊れた傘はいつでも買い換えられるけど、CDは時期を逃したら手に入らないからね!!(先日の暴風雨で傘曲がったまま新しいの買ってない)


【初回盤A(「プリンシパルの君へ」MV+メイキング付)】
・とりあえず小瀧担はAです
・可愛いジャニーズWESTを見たいならA
・可愛く踊ってるジャニーズWESTを見たいならA
・7人できゃっきゃしてるのを見たいならA
・星を飛ばすジャニーズWESTを見たいならA
・杖持って魔法かけちゃうジャニーズWESTを見たいならA
・淳太くんは私たちと桐山照史さん(28)のロミオでした
・照「プリティーに頑張るぞ♡」
・あっくんに鍵を開けられたい人はA
・メンバーの中で一番衣装が似合ってる淳太くんを見たいならA
・流星さんに手を振り返してもらいたくて手を振っちゃう淳太くんを見たいならA
・流星さんのお顔が可愛い
・オフって口笛吹いちゃう流星さんを見たいならA
・はい、はまこた~~~!!!!
・はまこた好きならA
・恋の妖精になる濱田くんを見たいならA
・自分の番終わってるのに濱ちゃんの全部見ちゃうのんちゃんを見たいならA
・なんかずっとはまこた!!!!!
・神ちゃんのエアーピアノを見たいならA
・神ちゃんの可愛い衣装とざくざくピアスのギャップ
・濱淳好きならA
・一番最初のトンネル作る振りで微笑みあうはまりゅせ天使
・濱神好きはA
・重神好きもAです!!!詳しくはメイキングを見てくれ!!!なんなら個人的にAB通常全て通してこの重神がMVPだ!!!
・他のメンバーにはうざいくらいガンガンいくくせに、相手が神ちゃんだとあからさまにたじたじになる重岡くんが好きです
・淳太担になる重岡くんを見たいならA
・というか重淳好きはA
・総シカトくらう淳太くんを見たいならA
・「プリンシパルの君へ」を口ずさむ神ちゃんを見たいならA
・淳太くんの話に乗っちゃう重岡くんを見たいならA
・濱「じゅ~~……はっ!!!」照「どういう笑い?」
・神ちゃんに魔法かけられたいならA
・間の悪いコタカメ
・濱田くんの太ももに足乗せる重岡くんを見たいならA
・めちゃくちゃ仕事してる淳太くんを濱田くんに報告して笑う重岡くんを見たいならA
・望「がんばれ、ニッポン!」
・望神淳に攻撃される濱田くんを見たいならA
・濱「おつかれ○×△□…」望「お疲れさまでした噛む奴おる!?」
・ベルトしてるあっくんを見たいでしょA
・のんちゃんに恋する桐神を見たいならA
・重岡くんに飛ばされる淳太くんを見たいならA
・重桐望に飛ばされる濱田くんを見たいならA
・濱田くんの襟足を触るのんちゃんと触られても全く気にしてない濱田くんを見たいならA
・流星さんにハイタッチしてもらえない濱田くんを見たいならA
・確実に涙腺が弱まってる三十路を見たいならA
・シングル9枚目にしてめちゃくちゃフレッシュになったジャニーズWESTを見たいならA
・重「淳太今日なんかすごい可愛かった♡」
・早々にコメントを締めようとする淳太くんを見たいならA
・流星さんに振る重岡くんと、重岡くんに振られてなぜかボケる流星さんと、笑いすぎてのんちゃんに抱きつく重岡くんを見たいならA
・今回も安定にぐだぐだですかすかな濱田くんを見たいならA
・濱田くんに魔法をかけられたいならA
・最後の最後に爆笑してるジャニーズWESTを見たいならA

【初回盤B(「ドラゴンドッグ」MV+メイキング付)】
・濱田担と流星担はBだ
・マオ担とガク担もBだよ
・メロンソーダなマオとオレンジジュースなガク
・マラカス振るガクを見たいならB
・歌でアピールしようと思えるくらい自分が上手いと思ってる淳太担のマオを見たいならB
・かっこいいジャニーズWESTを見たいならB
・7人でかっこよく歩いてくるジャニーズWESTを見たいならB
・濱流好きならB
・濱流のふわふわした空気を感じたいならB
・寒がってるジャニーズWESTを見たいならB
・重岡くんおすすめの♪一度しかない青春なら~の部分ののんちゃんを見たいならB
・重望好きならB
・革パン履いてるのんちゃんを見たいならB
・望「アウトローな感じやで」濱「あうとろー…?」
・のんちゃんの♪一度しかない青春なら~を真似しちゃう重岡くんを見たいならB
・ノリノリでかっこいい濱田くんを見たいならB
・個人的に体の薄さが出るお洋服が死ぬほど好きなので濱田くんの衣装を選んでくださった方に金一封差し上げますご連絡ください
・流星さんのお顔が可愛い
・凧上げで遊ぶくそ可愛い桐重を見たいならB
・オールバックのあっくんを見たいならB
・苦手なジャンルを頑張る淳太くんを見たいならB
・金髪神ちゃんが衣装も世界観も似合いすぎるから見たいよねB
・ハードな衣装着て7人で歩いてくるジャニーズWEST強い~~~~
・笑わせようとするのんちゃんと笑っちゃう重岡くん
・いっぱい寝たおかげでご機嫌な濱田くんを見たいならB
・かっこいい映像にテンションあがるジャニーズWESTを見たいならB
・ダーツで遊ぶ(負けたらしっぺ)ジャニーズWESTを見たいならB
・天才的なフードの被り方をするあっくんを見たいならB
・仲良くインタビューに答える重神を見たいならB
・突然のブルゾン淳太を見たいならB
・照「♪寒い~とても~寒い~」
・仲良くインタビューに答える桐望を見たいならB
・ボクシングする濱重を見たいならB
・Bだよ!!間違えないでねBだからね!!!濱田くんのキックもBだよ!!!!
・死ぬまでに一度でいいから濱田くんに回し蹴りされたい
・桐望好きならB
・あっくん以外を映さないコタカメ
・コタカメの横でギターの練習する神ちゃんと胸筋を鍛える流星さんを見たいならB
・顔でエアギターするあっくんを見たいならB
・エアーコタカメを見たいならB
・神ちゃんに言われるまま濱田くんに気円斬を出す重岡くんを見たいならB
・濱田くんに邪王炎殺黒龍波を出して手首が折れたと騒ぐのんちゃんを見たいならB
・すげぇかっこいい濱重のミット打ちを見たいならB
・流星さんの筋肉を見たいならB
・水も滴るいい男な流星さんを見たいならB
・ヘッドホンつけてる淳太くんを見たいならB
・最終的にヘッドホンを投げつける淳太くんを見たいならB
・3回も袋を蹴るのんちゃんを見たいならB
・ギター弾くかっこいい神ちゃんを見たいならB
・ソファーを飛び越えるあっくんを見たいならB
・目の前でライトを揺らされながら歌うあっくんを見たいならB
・突然ロックに喋り出す濱田くんを見たいならB
・モンチさんに怒られる濱田くんを見たいならB
・両手を「右手と左手」って言う濱田くんを見たいならB

【通常盤】
・カップリング2曲を聴きたいなら通常盤
・2曲とも全員にちゃんとソロパートあるから安心して通常盤買ってください
・2曲とも歌い出しが流星さんなので流星担は通常盤必須
・ていうか単純に素晴らしく素晴らしい曲だから早く聴いた方がいいと思うよ!!!


ここまで読んだらどうぞそのままレジへお進みください。5000円あればお釣りがくるので大丈夫大丈夫。足りなかったら銀行に行こう。
はいこれで可愛いジャニーズWESTもかっこいいジャニーズWESTもあなたのものです!存分に堪能してください!!3月9日にはBSで「ドラゴンドッグ」、地上波で「プリンシパルの君へ」を披露しますので、そちらもお見逃しなく!皆早く帰ろうね!!!!

「Into Your Eyes」深読み解釈

すでにあちこちで読み解かれているこの曲ですが、まず“不倫”をテーマにした曲で間違いないと思います。私も。淳太くんたら始めての作詞のテーマがこれって一体おたくをどうしたいの。

多くの解釈が「男性側が既婚者の不倫」である中、私は「年下の男の子と既婚女性の不倫」の曲として読み解いていきたいなと。そもそもなーんでいきなりそんな視点出してくるんだよって話なんですけど、私が歌詞を読んで抱いたへの第一印象は「ぶれっぶれで子どもみたいなこと言ってんなこいつ」でした。私はこの歌詞から不倫をする男性の大人の余裕とか罪悪感というものを感じ取れなかった。登場人物は彼女あいつ

Yeah… Hey girl… Come here…
Woo… Something I wanna say
You know, Listen up

英語全然わからない私でもなんとなくわかるやつ。「僕が言いたいこと、君もわかってるよね?よく聞いていて」みたいな。意訳だけど。へいがーるって言ってるから目線。

何気ない 平日の夜
約束もないけれど こうして会えたね Alright
苦いコーヒー 飲めないくせに
「私もそれで」と 笑う

曲全体を見れば彼女が好きだし、彼女が好き。約束をしていない平日に会えるってことは、お互いの生活圏外に行きつけのカフェとかがあって、会いたい日はそこで待つことになっている。この時点で「会いたいよ」なんて言葉を簡単に磁気媒体に残すことができない関係だと判断できる。「私もそれで」っていう言葉は二人きりの場面で出てこない気がするので、とりあえずカフェ説推し。

まるで 子供みたい
そっと 君を引き寄せ
「嘘つきめ」と抱きしめる

自分より年下の女の子が背伸びしてブラックコーヒーを飲もうとしたら「子どもみたい」ではなく「子どもだな」と感じるはず。背伸びしている年下のに合わせる年上の彼女だからこその「まるで子どもみたい」じゃないだろうか。「嘘つきめ」は飲めないブラックコーヒーを頼んだことに隠して、結婚しているのに自分と会っていることを指していると深読み。生活圏外のカフェなら久しぶりに会えて舞い上がっていきなり抱きしめてもあまり問題ないかと。

Look into your eyes, girl
何も言わないで
Look into your eyes, girl
その笑顔は誰にも見せないで
鳴った 電話に 遮られた時間の
続きを 探そうか?

「Look into your eyes」は君に夢中だ~くらいの感覚。この曲のおもしろいところは、歌詞には載っているのに実際に歌うと「girl」がほぼ聴こえないところ。そこに意図があるとすると、「girl」なんて呼んではいけない人、呼ぶべきではない人へ向けていると思われる。そして彼女にメロメロだし、独占欲強め。この独占欲はやっぱりあいつの影が見えるからだと思う。「鳴った電話」はあいつから彼女への電話で、彼女あいつと電話しながら笑っているのではないだろうか。

Oh 君へと 近づくほど
友達のフリがうまくなってく Oh no baby
ワガママだって 愛せるけど
本当の 気持ちは 言えない

彼女と親密になればなるほど周りにバレないように友達の振りが上手くなっていく、という解釈をしました。もしかしたらあいつと知り合いなのかもしれない。彼女のどんなわがままも愛せるけど、俺のものになってとは言えない

振り返りざま そっと 笑う 君に
「またいつか」と手を振った

気軽にお泊まりはできない関係なんでしょう。そして「またいつか」で、気軽に連絡の取り合えない相手であることがほぼ確定。やっぱりカフェで約束のない待ち合わせ説を推したい。

Look into your eyes, girl
どこにも行かないで
Look into your eyes, girl
その言葉を静かに飲み込んで
最終 電車に 乗り込んでいく君の
背中を 見ていた

「どこにも行かないで」とは言えない彼女が最終電車に乗らなきゃならないということは、やはり彼女はお泊まりできない立場で、かつ彼女のタクシー代を出したり車を持つほどの経済的余裕はないのでは=彼女より年下?という深読み。

Get down, Break down
もっと恋に落ちてく
Get down, Cuz I can’t stop
瞳に溺れてく
Get down, Break down
もっと君に堕ちてく
Get down, Cuz I can’t stop
瞳に溺れてく

端的に言えばヤってるシーンの回想かな。ここは歌詞のまま解釈していいと思う。

Woo… Pretty baby (Into your eyes)
Keep on lovin’ (Lovin’, Lovin’),
Keep on lovin’ (All day)

うん、愛囁いてるね。

Look into your eyes, girl
もう何も聞かないで
Look into your eyes, girl
許された 時間を壊さないで
Won’t stop 君を
愛すほどに Lost my way
濡れたシャツもTake off

一番最初によく聞いてって言ってるのに、いざとなったら「何も聞かないで」「許された時間を壊さないで」って言う。話の内容が同じだと仮定すると、「こんな関係良くないよね、やめよう」っていう別れ話をしたかったのかな、は。ぶれっぶれか。のシャツがどこで濡れたのかっていうのが少し引っかかるんですが、この曲の出来事が1日だけで起きていると仮定すると、最終電車に乗り込んだ彼女を慌てて降ろしたのでは?そこから足早にホテルに向かったと思えば、汗で濡れていてもおかしくはない。

Look into your eyes
肌を重ねDancing
Look into your eyes
首に残すルージュと過ち

ここから「girl」がなくなっているので彼女視点と考えるのがベストかと。「首に残すルージュと過ち」はの首筋につけたキスマークと、ついてしまった口紅。彼女が年上なのでは?という推測は口紅を「ルージュ」と表現しているせいもあります。ものすごい偏見だけど、20代くらいの若い女性ならわざわざ「ルージュ」って表現はしないんじゃないかな…。

今日も 君の
寂しげな瞳が
うつす指のウソ

ここがどっち視点なのか曖昧なんだけど、もし目線だとしたら1つ前の彼女視点は必要ないと思うんですよ。なんで1回挟んだ?ってなるので、ここも引続き彼女視点で見ていきます。彼女が年上ならを「君」って呼んでもなんら不自然ではない。寂しげなの瞳が映しているのは彼女の普段より軽そうな左手の薬指。つまり結婚しているのは彼女である、という解釈でいいかなと。


初めてこの曲を聴いたときになぜかがのんちゃんで再生されたことが、「年下の男の子と既婚女性の不倫」の曲だと解釈した主な要因だったりします(自分がのんちゃんより年上だから)。作詞した淳太くんも奥さん芸をやってるわけだし、年上女性をターゲットに絞った歌なのかもしれないなと。コンサートでは3人が薬指に指輪をしていますが、「指のウソ」がなんであるかと「不倫であること」を明確にするための演出かなぁと解釈してます。
まあ最終的に何が言いたいかって、こんなに色んな解釈が出てきて皆が夢中なってるこの歌詞を書いた中間淳太天才。以上。

渡辺翔太が気になるけどどのDVDから手を付けていいかわからない人に参考にしてもらいたい公式DVDおすすめランキング

なんかタイトルが長い。

先日、冬のボーナスを見越して渡辺くん目当てのDVDを色々購入しました。CDの特典DVDとかは集めきれていないのであれなんだけど、思い切っておすすめDVDの記事を書いてしまいたいと思います。私と同じように冬のボーナスで自分へのご褒美に買うもよし、クリスマスプレゼントとしてサンタさんにねだるもよし、お母さんに預かっておくよって言われる前にお年玉で買ってしまうもよし。そう考えると12月中に書き上げなきゃ!と思って、HDDの整理を放置して書いています。本当は渡辺くんのDVDより新しいブルーレイレコーダー買わなきゃいけなかった気がする。
まず、今私の手元にあるDVDのうち、渡辺くんが映っていると確認できるものがこちら。

※○前から持っていたやつ、●渡辺くんを見るために買い集めたやつ、()は発売年ではなく公演が行われた年
○Heat Up(関ジャニ∞/2006)
○47(関ジャニ∞/2007)
○JUMPデビュー魂(Hey!Say!JUMP/2007)
○Break the Records(KAT-TUN/2009)
○少年たち 格子なき牢獄(ジャニーズJr./2010)
●滝翼祭 初回限定盤(タッキー&翼/2010)
●映画 HOT SNOW 初回限定盤(Mis Snow Man/2011)
●ABC座 星劇場(A.B.C-Z/2012)
○滝沢歌舞伎 初回限定盤(滝沢秀明/2012)
○滝沢歌舞伎 通常盤(滝沢秀明/2012)
●TACKEY SUMMER "LOVE" CONCERT 2012 通常盤(滝沢秀明/2012)
●ずっとLOVE 初回限定盤(A.B.C-Z/2012)
●劇場版私立バカレア高校 Blu-ray豪華初回盤(ジャニーズJr./2012)
●BAD BOYS J Blu-rayBOX豪華版(中島健人/2013)
●劇場版 BAD BOYS J ―最後に守るもの― BD豪華版(中島健人/2013)
●ABC座2013 ジャニーズ伝説(A.B.C-Z/2013)
○SNOW DOMEの約束 初回限定盤(Kis-My-Ft2/2013)
●滝沢歌舞伎 初回盤(滝沢秀明/2014)
○Kis-My-Journy Blu-ray盤(Kis-My-Ft2/2014)
●滝沢歌舞伎10thAnniversary よぉ~いやさぁ~盤(滝沢秀明/2015)
A.B.C-Z Early summer concert Blu-ray 初回限定盤(A.B.C-Z/2015)
●滝沢歌舞伎(滝沢秀明/2016)
●I Scream 初回限定盤(Kis-My-Ft2/2016)
●I Scream Blu-ray盤(Kis-My-Ft2/2016)

こう見ると結構集めたなって思う…いくらかかったとか聞かないでください…。

記事のタイトルがおすすめなのである程度絞っておすすめしますが、先に言っておくとどの渡辺くんももれなくかっこいいよ!2012年以降のものは結構メインで映っていることも多いので、どれを買っても失敗ではないというかいずれは全て集めたくなると思うよ渡辺くんかっこいいから!
とは言ってもお金は無限に湧き出てくるわけではないので、ランキングを発表する前に少し前置きで説明を。
・DVDを買うほどではないけど渡辺くんを見たい
・演技している渡辺くんが気になる
・とりあえずコンサートDVDを優先して買い集めたい
こういう方はとりあえずレンタルビデオ店に走ってください。おそらくそんなに寂れたお店でなければ、そこにあなたの渡辺くんはいます。ドラマと映画の本編はレンタルできるので、「BAD BOYS J(中島健人/2013)」「劇場版 BAD BOYS J(中島健人/2013)」「劇場版 私立バカレア高校」はパパッと借りちゃいましょう。そして実は、私が購入した上記以外のドラマにも渡辺くんは出演しています。「Peice(中山優馬/2012)」の8話と「近キョリ恋愛(2014)」の3話。渡辺くんを見たいだけならストーリーはとりあえず置いといて、それぞれの話数が入ってる1本だけ借りてくるといいと思います。ここは地味にマスト。レンタルでいいから見て。たしかにちょこっとしか出てないんだけど、Peiceの渡辺くんは無駄に前髪短くて頭抱えるくらい可愛いし、近キョリ恋愛の渡辺くんは数分だけど爆発的にかっこいい。同じ人とは思えないくらい全く違うキャラを演じているので、数百円なら出す価値あります。

あとは、渡辺くんというかSnow Manが主演のDVDは「映画 HOT SNOW(Mis Snow Man/2010)」だけなので、それ以外のDVDに関しては出演者の中に他に好きな人がいるかどうかで決めるのもいいと思います。キスマイが好きならキスマイのコンサートDVD、えびが好きならえびのコンサートDVD、MADEとか宇宙Sixを見たいなら歌舞伎とかね。

さて、前置きが長くなったけど、ここからが本題です。
渡辺くんが出ているDVDを今すぐ買いたいと諭吉を握りしめているあなたへ送る、どれだけ悩んでもお財布と相談してもかっこいい渡辺くんの前では全てのあがきが無力なので最終的には色々買ってしまうと思うけれど、私が個人的に早く見てほしい渡辺くん出演DVDランキングを発表します。

5位 映画 HOT SNOW 初回限定盤

とりあえず買っておこう。Mis Snow Man時代のものなので、8人かつメインが真田くんと野澤くんです。でも渡辺くんは3番手か?ってレベルで映っているというか走っているので買っていい。メイキングにもちゃんといるから買うなら初回限定盤(ミサンガもランダムで入ってます)。全体的に若くて(今もぴちぴちだけど!)可愛い。渡辺くんは大きなポンポンのついたニット帽がよく似合ってて可愛い。とにかく可愛い。

4位 Kis-My-Journey Blu-ray

え~?ブルーレイデッキなんてないよ~!?って思った人いると思うんですけど、だからといって他の種類を買ってはだめ。Blu-ray盤じゃなきゃだめ。それはなぜかって…特典ディスクの大喜利コーナー集で渡辺くんがずっと喋ってるからだよ。本編に関しては正直「I Scream」の方が見ごたえあると思う。でも渡辺くんに関してのみいえばこれが必須。声は加工されていて、渡辺くんだって一応わからないようになってるんですが、あれは間違いなく渡辺くんなので安心してください。姿も顔も見えないけど、渡辺くん。団扇作るときとか雑誌の切り抜きするときとかの作業用BGMにするのおすすめ。画面見ずに声だけ聞いていればいいから、比較的作業が進みます。あと、本編の渡辺くんは左側の髪をピンで留めてて可愛いです。

3位 Tacky SUMMER CONCERT 通常盤

多分、一番再生回数が多い。メインバックがSnow Manなので、ま~よく映る。ほぼほぼ出てる。なんかずっといる。渡辺くんに関していえば、「Detroit」はバックにだてなべしかついていないので見所。これはできれば初回も通常も買ってほしいけど、どちらか一つだけを選ぶなら通常盤かなぁ。通常にはドキュメンタリーが入っているんですが、そのドキュメンタリーの渡辺くんがそこそこ美味しいので、量的にも通常盤をおすすめします。渡辺くん、短めの赤いネックレスしてるんだけど(この時期なんか流行ってたよね)、それが絶妙にチャラくて好き。

2位 滝沢歌舞伎2014 初回限定盤

初回限定盤ってもうほとんどないと思うんですが、どうにかして手に入れてください。中古でもいい。本編が素晴らしいのはもちろん、ドキュメンタリーにも渡辺くんいっぱい映ってて美味しいから!2014年は博多座での公演もあったので、皆でもつ鍋を食べに行ってる映像が収録されています。それの何がいいって、めずらしく私服がおしゃれな渡辺くん!!*1シンプルに白のVネックロンT、黒い上着、だて眼鏡ってだけなんだけど、なんかすごくおしゃれに見えるし、かっこいい!こういうシンプルな感じでいいんだよ渡辺くん!!
滝沢歌舞伎はたくさんDVDが出ているので、一番最新だと2016年のものなのにどうして2014年がおすすめなの?っていう疑問も出てくるかと思います。基本、滝沢歌舞伎にはゲストがいます。2010、2012、2014、2015(10thAnniversary)、2016とDVD化されていますが、2010は屋良くんがいてA.B.C-Zがメインバック、2012は関西Jr.、2014はハセジュンと京様、2015はキスマイ北山くん&JUMP薮くん、2016はV6の三宅健くんが出演されています。個人的には全ておすすめしたいくらいなんですが、2014に関してはゲストが出るのは2幕だけです。1幕はほぼSnow Manがメインでタッキーをサポートしています。それ故に2014は色んな方がおすすめしているのかなと。雨の中の殺陣も素晴らしい。また義経やってほしいなー。

1位 BAD BOYS J Blu-rayBOX豪華版

ドラマ版です!映画もおすすめだけど、ボリュームが違う!値段も違うけど!!これも豪華版を買いましょう!!本編はレンタルできるけど、メイキングはこれじゃなきゃ見られないので!!
もうとにかく寿ちゃんかっこいいよ!?よくわかんないくらいかっこいいよ!?!?もうかっこよくて可愛い渡辺くんしかいません。渡辺くん寿ちゃんやってくれてありがとう。直前で渡辺くんを寿ちゃんにしてくれてありがとう。
Snow Manからは岩本くんと深澤くんも出ています。Sexy Zoneの中島健人くんとSnow Manの3人がメインのドラマといっても過言じゃないです。それぞれがメインの話もあるし、毎回のようにケンカして怪我してるし。見終わった後は偉い人に足向けて寝られないレベルで感謝したくなると思います。広島弁喋る渡辺くんかっこいい。広島弁で怒鳴る渡辺くんかっこいい。その昔ホストだった寿ちゃんドストライクすぎてつらい。
とにかく渡辺くんを見たければこれ。苦手な題材とかでなければいずれ買うことになるのでさっさと買っちゃいましょう。


はい、渡辺くんという名の沼へようこそ~!!多分、ここら辺買い揃えると他のものも欲しくなります。とりあえず少クラは編集しないで残そうね。お姉さんとの約束だよ。人生何があるかわからないからね。

以下、お友だちからDVD借りて見てほしいリスト。
・Heat Up「ヤジルシ」
┗天使。説明なんていらない。天使。
・47「Forward」
┗この時代はブルーレイじゃないので、顔ははっきり見えないけどダンスがすごく渡辺くん。
・Break the Records「WHITE WORLD」
┗この頃の渡辺くんの髪型が今見ると本当よくわかんないんだけど、どうしようもなく好きでよく見る。禁断症状が出る。

こうして見ると、おたくってつくづく諭吉と仲良くなれない生き物なんだなって…どっかの政策で新規おたく育成補助金とか出ないかな…新しく気になった子のDVDを買うための補助金…経済回るよ…いや回すよ…。
個人的にはJr.歴の長い子を新たに好きになるという経験が初めてなので、昔のDVDを集めて一気見するのがこんなに楽しいものだとは知りませんでした。初めて見る渡辺翔太がたくさんで、あまりの可愛さに頭を抱えるしかない。あの時代をリアルタイムで応援してきた方々が無事に生きていることが不思議。「死因:イケてる顔面過剰摂取」ってならないの??うそでしょ???

とりあえず冬のボーナスの渡辺くん予算は使い切りましたが、年末調整で戻ってきた分もきっと渡辺くん補正予算に回すので、順位の変動があったら追記したいと思います。

*1:渡辺くんは私服がアレなことで有名

ジャニーズWEST NEW SINGLE「僕らは今日も生きている/考えるな、燃えろ!!」について

お久しぶりです!おはようございます!
さて、「え?ジャニーズWESTの新曲が11月22日に発売されてたの!?え~どれ買えばいいかわかんないよ~!」と泣きそうになっているあなたへ送るおすすめ記事!とりあえずATMでお金下ろして走って!!!

【初回限定盤A(「僕らは今日も生きている」MV+メイキング付)】
・とりあえず可愛い
・わちゃわちゃしてるジャニーズWESTを見たいならA
・車と戯れるジャニーズWESTが見たいならA
・兄組と弟組のくくりが好きならA
・ツイン好きならA
・腕相撲してるジャニーズWESTが見たいならA
・マイク任されてる濱田くんが見たいならA
・暑がってるジャニーズWESTが見たいならA
・全身柄の神ちゃんを見たいならA
・流星さんの両耳ピアスを堪能したいならA(Bでも堪能できるよ)
・送風機の取り合いするジャニーズWESTが見たいならA
・きりこた好きならA
・トランペット神ちゃんが見たいならA
・昔風送る仕事してた濱田くんを見たいならA
・台風中継Part2をやる濱田くんを見たいならA
・汗だくの流星さんを見たいならA
・新曲「暑くて帰りたい」作詞&作曲&歌:神山智洋
・ギターを弾く神ちゃんと濱田くんを見たいならA
・抱きつき禁止
・重神好きならA
・トランペット吹き損ねるのんちゃんを見たいならA
・椅子の上で止まりきれない淳太くんを見たいならA
・右腕なくなった重岡くんを見たいならA
・腕相撲必死な淳太くんを見たいならA
・マネキン壊す重岡くんを見たいならA
・はましげ好きならA
・こたじゅん好きならA
・流星さんを目視するのんちゃんを見たいならA
・はまこた好きならA
・重岡&神山&小瀧は接吻禁止
・桐重流好きならA
・濱ちゃん笑顔!!!!!
・濱田くんの手のひらを見たいならA
・神山ミドリムシ智洋くんを見たいならA
・重「濱ちゃん怪奇現象起こすねんな~」濱「ありがとうございます!」
・はまりゅせ好きならA
・濱田くんの撫で肩を堪能したいならA
・教科書捨てる濱田くんを見たいならA
・しげはま好きならA
・淳太くんのフォローを無下にする濱田くんを見たいならA
くだぐだな絶好調な濱田くんを見たいならA

【初回限定盤B(「考えるな、燃えろ!!」MV+メイキング付)】
・戦隊ヒーローやってるジャニーズWESTを見たいならB
・学ランのジャニーズWESTを見たいならB
・アクションやるジャニーズWESTを見たいならB
・ロボット動かすジャニーズWESTを見たいならB
・のんちゃんのお尻を堪能したいならB
・タコの足がお気に入りな重岡くんを見たいならB
・前髪上げてる淳太くんを見たいならB
・爪切ってる流星さんを見たいならB
・カッパ着てるジャニーズWESTを見たいならB
・はまじゅん好きならB
・子どもと絡むジャニーズWESTを見たいならB
・補食後のコブラ(?)を表現する濱田くんを見たいならB
・流「トビウオ」淳「出汁取るな」
・照「モーツァルト」淳「猛獣ちゃうから」
・神「俺弁護士!!!」
・望「僕桃っすよね!」
・お昼ご飯はトムヤムクン
トムヤムクン戦隊ジャニーズWEST
・じゃんけん強いのにあっち向いてほい弱い濱田くんを見たいならB
・あっち向いてほい下手くそな流星さんを見たいならB
・こたじゅん好きならB
・JUNのレオスラッシュを見たいならB
・きりこた好きならB
・『何万回だって「君が好き」』を口ずさんでる神ちゃんを見たいならB
・数字をつける重岡くんを見たいならB
・思った以上に飛んでないあっくんを見たいならB
・手袋をおまたに挟む神ちゃんを見たいならB
・なんかめっちゃ強い濱田くんを見たいならB
・濱「嬉しい!!!!!」
・淳太くんのお尻を見たいならB
・立ち位置かわからなくなる濱田くんを見たいならB
・手袋つけたままの一本締めを見たいならB

【通常盤】
・『何万回だって「君が好き」』と『SHE IS MY...』を聴きたいなら通常というか早く買って聴いて
・はまこたユニットの候補曲だった『何万回だって「君が好き」』
・おたくのみならずジャニーズWESTが好きそうな『SHE IS MY...』
・どっちも素晴らしいから早く聴いて
・この2曲を選べるジャニーズWESTセンスの塊すぎる

よし!ここまで読んだあなたの手には、いつの間にかイケメン7人組が写る3枚のCDが…。はいそのまま迷わずレジへどうぞあっちです。初回限定盤なんて今買わなかったら買えないからね!後悔しない人生を歩もう~!
それじゃあお仕事行ってきます。

おたくは貪欲だという話

どうもこんにちは!なうぇすとDVDが発売されましたね!皆買ってね!!

今日はその待ちに待ったなうぇすとDVDの楽しい感想とかではなく、楽しく愉快におたくをやりたいのに中々上手くいかないなーというほやきです。超ポジティブな私が、ジャニーズWESTのライブDVDが発売されるとまあよくしょげる。おたくが楽しくなくなる。おたくは貪欲な生き物である。

そもそもなんでライブDVDが発売されるとしょげるのかというと、単純に「私の見たい濱田くんが映っていない」からである。極度のドライアイを皿のようにして、一瞬一瞬を惜しむように見ていた濱田くんが映っていない。映っていないということは、あの濱田くんをもう二度と見ることはできないということだ。これから先、新しく濱田くんを好きになった人に見てもらうことも、万が一私が記憶喪失になっても見ることは叶わない。実際に生でコンサートを見ていない人の世界には、あの濱田くんも、あの濱田くんも、存在しない。たしかにあの場所にあったのに、存在していない。
ちなみにこうしてしょげるのは自分が見に行ったコンサートのDVDのときだけです。シングルの歌割りが少なくて落ち込んだり、自分が見に行かなかったイベントの映像に映らなくても悲しくなったりしない。ジャニーズWESTが好きで、あの7人が大好きで、あの暖かい空気の中で笑っている濱田くんが好きだから、他のメンバーと何かを比べてしょげるわけじゃない。私は濱田くんを愛してくれる人が大好きだ。
ただ、自分がこの目で見たものを、この世にさも存在していなかったかのように扱われるのが我慢ならない。だから、「私の見たい濱田くんが映っていない」からしょげるというよりは「私がこの世に残したいジャニーズWESTが残せない」ことがだめなのかもしれない。濱田くんの部分ほどじゃなくても、残してほしかったシーンが残っていないとしょげるし、DVDはあまり見れなくなる。記憶が上塗りされて消えていくのが怖い。

ジャニーズWESTが大好きでジャニーズWESTを見たいのに、見たくないのがつらい。つらいし、わけがわからない。だって私は、あのとき、2014年1月1日は死ぬほどつらかったし、2014年2月5日は泣くほど嬉しかったし、2014年4月23日はこれ以上ないってくらい幸せだった。カメラに抜かれる時間なんて、歌割りなんて、立ち位置なんて、どうでもよかった。嘘じゃない。そのときは濱田くんがそこにいてくれるだけで、濱田くんが笑っているだけで、濱田くんがジャニーズWESTとしてデビューしてくれただけで、他のことなんてどうでもよかった。デビュー前だってそう。先輩のバックで少し映り込むだけで嬉しかったし、映像に残らない濱田くんを頭の中で再生することだってへっちゃらだった。そんな風に濱田くんの色んなことを喜んできたはずなのに。一体いつからこんなに貪欲になったのかなー。
濱田くんはデビューして、定期的にCDを出して、年1でツアーをやって、レギュラーのテレビやラジオがあって、たまにドラマに出たり舞台をやったり映画に出たり。3年前のあの日には想像もできないくらい色んな媒体で色んな濱田くんを見られて、喜びこそすれ悲しむようなことなんてないのに。どうして、ライブDVDに見たかったシーンが映っていないだけでこんな気持ちになっちゃうんだろう。はあ、楽しく愉快に能天気におたくやりたい。楽しいことを楽しいと言えるおたくでありたい。喜ばしいことを心から喜べるおたくでありたい。最終的に言いたいのはこれです。
ダンス曲だけでいいからマルチアングルつけてください。
いくらだって出すから!発売まで時間かかってもいいから!!お願いしますJEさーん!!!


たまーに、こんなにしょげるくらいならコンサートに行かなければいいんじゃ…って思うこともあるけど、普通に無理だった。ウェスティバル楽しみですね!!!

「The一~Follow Me~」北海道公演の感想とか

本当はツアーが終わってから感想をあげようかと思ったんだけど、薄れていく記憶とちょっとしたもやもやを吐き出すために書く。

7月26日、27日の北海道公演に行ってきました~。ド平日だったからちょっと悩んだけど、繁忙期じゃないし、待ちに待ったソロだし!27日の夜公演は諦めたけど、2公演だけでも行こう!行くっきゃない!と思って行ってきた。
結果的に、なんで私は1公演諦めたんだろうっていう後悔しかない。
全体の感想としては、バンザーイ!君をー好きでよかった―!!って感じでした。そりゃあね、一応15年近く応援してきた人のソロコンが楽しくないはずがない。私はそもそも亀梨和也が作るものが大好きだし、信頼している。だから絶対に楽しいのはわかってた。わかっていたけど。こんなに楽しいなんて聞いてない。
楽しかった!楽しすぎた!かっこよくて可愛くて綺麗で可愛くて素晴らしくかっこいい!私の好きになった人はやっぱりすごい!!!
私が知っている亀梨和也、私が見てきた亀梨和也、私がもう一度見たいと願った亀梨和也がそこにいた。応援してきた十数年をぎゅっと凝縮して、じっくり煮詰めたような2時間30分。ただひたすら楽しくて、幸せで、帰りたくなかった。終わってほしくなかった。なんかよくわかんないけど、変なノリの末に「イカ」と叫ばされたこともいい思い出です。いやーあれ楽しかったね!笑
1番を決められないくらい本当に全てがすごくて、私がいるのは間違いなくニトリ文化ホールなのに「あれ?ここ帝劇?」って何度も思った。そういう意味でもバックがJr.だったことが嬉しかったな~。
00'00'16もサムサムも懐かしいのに、今の亀がやるから新しくて…なんというか言葉にできないっす…。途中のドリボの映像で渡辺翔太を見つけて声をあげそうになったり、いきなりバンドが始まって動揺してみたり、途中のなんかえっちな映像(って書くとあれだけど雰囲気ね、雰囲気がえっち)をどんな顔してみればいいのかわからなくて困惑したり。ずっと感情が忙しなかった。でも文句の付けどころのない、すごいコンサート。あ、「僕らの街で」を歌えなかったのはこっち側のせいだけじゃないと思うよ!あのパートを振ってくるのはひどい!笑*1

さて、亀がかっこよくて可愛いのなんて今更説明する必要もないので、ここからは少し宇宙Sixの話を。

山本亮*2。山本キャッチング亮太。はーーーー好き!って感じ。「1582」のフライングキャッチ担当なんだけど、片手で亀をキャッチして、自分の体重使って降ろすの。安心して見ていられる。はーーーー好きしかねーわ!!相変わらずダンスがいい意味で独特で、林くんを見てても、亀を見てても、視界の端でやまりょが踊っているのがわかる。

江田剛*3。あんまり江田ちゃんにアクロバットのイメージなかったんだけど、「わー林くん土台やってるー!(はーと)…え、江田ちゃん!?」って驚くレベルで飛んでた。横に。やまりょが高さなら、江田ちゃんは飛距離。すげー飛んでた。舞台から落ちるかと思った。ていうか演出担当ってどしたの…素晴らしすぎたよ…。

目黒蓮*4。27日昼公演で隣に座っていたのがめめ担のお姉さんでした。すごい話しかけたかったけど我慢した。「1582」で亀の手を取る役をやっていたんだけど、これは間違いなく身長選抜だなと。あの場面は亀より高くないと格好つかない。よくぞ大きく育ってくれた。あと、随分腰を落としてダンスするなーと思って見てたんだけど、後日友人に「一人だけ身長が高いから周りに合わせるために敢えて腰を落としてる」って聞いて泣きそうになった。健気か。

原嘉孝*5いじられキャラでお笑い担当…なの?(ジャニーズWESTは原ちゃんに大きな声で返事をさせるという雑ないじりをしていた) 27日昼公演ではいきなり亀のモノマネ始めたり、ダメ出しされたりしてたけど、踊ってるとかっこいいよね原ちゃん。アンコールでは宇宙Sixでマイク1本を順番に回してたんだけど、その流れに全く気付いていなくていきなりマイクをもらってきょとんとして、そのまま持ち続けちゃった可愛いおばかさん(結果こーてぃーに回らなかったw)。

松本幸大*6。サムサムで緑のシャツに着替えてから緑の布を持って踊るんだけど、26日は下手上段で緑の布ともちゃもちゃ格闘してた。床の穴に布が吸い込まれちゃったみたいで、必死に引っ張ってた。いつもにこにこしてるお顔が見たことないレベルで焦ってた。そして亀も林くんもそっちのけでこーてぃーを応援する私(なんとか引き抜いて一件落着)。

林翔太*7。はい来ました私の心のオアシス林くん!!!基本、林くんか亀を見ていたってレベルで林くんを見てた!むしろどっちを見たらいいかわからなくて、ずっときょろきょろしてた!林くんかっこよかったー!私的ベストオブ林くんは、「Follow Me」で亀が放った白い布を移動しながら無表情で拾ってベッドへ乱暴に放り投げる林くんです!待って林くん!いきなりそんな色気大放出させるのやめて!!好き!!!26日の一発芸コーナー(?)では私の祈りが通じたのか(せっかくだから林くん手を挙げて…何かやって…って手を合わせて祈ってた)、林くんが手を挙げて亀と一緒に「愛のかたまり」を歌うという奇跡!好きな人と好きな人が大好きな歌を歌ってくれるって私ここに墓立てるしかなくない?って思いました!あと「VANILLA KISS」で白い布を使って踊る林くん綺麗だった!DVDはよ!!ちなみに「背中越しのチャンス」はスの担当だった(と思うけど間違ってないよね?あれ?笑)

もう本当に目が足りなかった…2つあってなんとか亀と林くんを見ていられたので、つまり7つ必要。アンコールの「Wonderful world」で宇宙Sixが指でハートを描く振りがあるんだけど、それ林くんしか見てなかったの後悔してるから…皆のハート見たかった…。ちなみにこれ以降、巨人戦のハイライトを見てると頭の中で林くんが踊ります。
宇宙Sixをバックにつけてくれた亀には頭が上がらないし、亀のソロコンに全力で挑んでくれた宇宙Sixには感謝しかないです。ひたすら私が楽しいコンサートだった。というか完全に亀ソロのせいなんだけど、湾岸の宇宙Six公演に行きたくて行きたくて申し込もうかとさえ思った。危なかった。

今、KAT-TUNを最優先で追いかけているわけじゃない私が言うのもあれなんだけど、少し前までは亀がソロコンやるとは思ってなかった。個人的にはやってほしかったけど、ないだろうなと思ってた。もしあっても、遠い遠い未来だろうなって。充電期間に入ってよかった、なんて絶対に言わないけど、こういうことがなければ亀のソロコンを見ることはできなかったかもしれないわけで、複雑な思いを抱きつつ必要な時間なのかもしれないと思ってみたり。KAT-TUN亀梨和也でいるときは、ソロの亀梨和也としての亀梨和也は身を潜めちゃうからなぁ。亀梨和也のそういうところ好きだけどね。亀梨和也ゲシュタルト崩壊
まあ、あまり頭を使わずに言えば、楽しかったからまたいつかソロコンやろうね!って感じです!全国ツアーじゃなくていいからさー!
オーラスまでもう少し。怪我なく、楽しく、亀がやってよかったと思えるツアーの締めくくりになりますように!ドキュメンタリー盛りだくさんのDVD待ってまーす!








さて、冒頭で書いたもやもやしたものを吐き出します。苦情等は一切受け付けませんのであしからず。

もうさー…ソロコンの案内の時点でガチガチにしとくべきだったよね!!
全席本人確認します。団扇は1人1枚までです。手作り団扇は禁止です。未就学児は入場できません。ペンライトは今回のツアーのものしか使用できません。
おそらくこれくらいガチガチにしないと、亀や亀担の望むソロコンにはならない。埋まるかどうかは知らん。
始まる前からバックJr.の件でおたく同士で一悶着あったけど、私はバックが宇宙Sixだとわかって踊り狂うレベルで喜んだ側なので、なんか色々と肩身が狭かった。バックにJr.つかないでほしいなんて思ったことがなかったので、ちょっと面食らった。亀だってたくさんバックついてきたし、それは言っちゃいけないことだよねー。今回は特別だから、って言っても先輩方のその“特別”のバックに亀だってついてきたでしょうに…。私はどっちも好きだからな。亀も、宇宙Sixも。林くんは私の心のオアシス。
私はそもそもマナーとルールを守っていれば楽しみ方は人それぞれだと思っているし、正直ペンライトの色変える演出とか、C&Rとかそんなに好きじゃない(私は基本やるけど、それよりも双眼鏡で好きな人を追うことの方が大事)。やらない人を責める権利は誰にもないし、タレント側がどうしてもやらせたいというのなら、申込案内の時点で「当日は全員参加でペンライト演出または声出し演出があります」って記載するべきだと思っている。でなければ強制力なんてない。

まず団扇の件。これに関してはルール違反した客側が悪い。それは間違いない。それに対して亀が怒るのもわかる。
だけどさ、だけど。それを翌日、全く関係のないお客さんに言うのは違うし、ましてやネットで拡散していい的なことを言うのも違うと思う。100人いれば100通りの解釈があるように、実際、ニュアンスや言い回しの違うレポをたくさん見た。本当に注意したいなら、亀の言葉で、本人に言わなきゃ意味がない。全員が全員ツイッターをやっているわけじゃないし、そのレポで反省してくれる人なら最初からルール違反はしないだろうよ。
ファンサ団扇を出すタイミングに関しては、もう…うるせー!!って感じ!笑 規定内ファンサ団扇1枚だけ持ってて文句言われるって、一体どういうことだよ!その人は一体なんの違反をしたんだ!そこまで気になるなら、いっそ手作り団扇禁止にすればよかったじゃーん!!!どうしてこっちが亀のご機嫌取りをしなきゃならんのよ!お金払って、ルール守って応援してるっていうのに!それなら最初から注意事項に「空気を読んで応援してください」って書いとけ!!

次は子どものことだったかな。これは亀がどうこうっていうより、おたくが勝手に騒いだ感ある。
正直、こんなに客から客に対して文句の出るコンサートってそうそうないよね。ただ通常のマナーを守るだけじゃだめで、雰囲気作りや空気を読むことまで求められる(同じおたくに)。番組協力かよ。いやでも本当に番組協力かと思った。ちゃんとお金払って注意事項に書いてあることを守っても、これだけやいやい言われるのかと。
これに関してはお客さんに文句言うのは間違ってる。子どもがうるさいとかしつこいって思うなら、「観に来ていた子どもがうるさくて集中できないので未就学児は入場不可にしてください」って亀に言うべきだ。舞台とかと同じように。子ども連れてくるのが禁止じゃない以上、「空気読んで子ども連れてくるな」は通用しない。

で、一番新しいのがペンライトの件。これはー…誰が悪いんだろうねー…笑
まず、その目立ってたキンブレ型のペンライトがキントレペンラ*8だったのなら、公式ペンライトなので問題なし。注意書きどおり公式ペンライト持ってきて怒られるなんてちゃんちゃらおかしいね。
それでは比較画像をどうぞ。

f:id:gladeeachan:20170926204735j:plain:w300

(左:公式キントレペンラ、中央:公式亀ソロペンラ、右:非公式キンブレ)
画像だとめちゃくちゃわかりにくいけど、実は非公式キンブレより公式キントレペンラの方が光量強いです。これちょっとびっくり。だから「光量の強いペンライトは禁止」っていう注意事項はもはや意味を成してない。公式最強。ということで眩しすぎるという苦情は事務所の方へどうぞ。
実際にそのペンライトがキンブレだったらもちろん非公式だからだめなんだけど、見慣れてる人じゃないと暗闇でキンブレとキントレペンラは見分けがつかないと思います。だから亀がどういう気持ちで話題にしたのかはわからないけど、非公式キンブレだという確証がない以上、亀もおたくもああだのこうだのと言うべきじゃない。
この件に限らず、赤じゃないペンライトをよく思っていない人も見るけど、ペンライトだって決して安いものではないし、それをわかっているから「公式ペンライト以外は禁止」なんだよね。全員が全員買えるわけじゃない。だからこれに関しても、ペンライトを持っていない人を責める権利は誰にもない。あえて文句を言うとしたら、「ペンライトを統一させるためにチケット代に組み込んでペンライトを全員に配布してください」って亀に言ってください。それができないなら気になる人がペンライトを自費で買って配ってください。

結局何を言いたいかというと、マナーやルールを守ってる人たちに演者側が口を出すのは違うし、口出したいなら最初から注意事項で謳わないといけない。そして提示された注意事項を守ってるおたくにおたくが文句言うのはもっと違う。「空気読んで」って何様だよ。
もちろん書いてないから何をやってもいい、っていうわけじゃない。それはただのばか。でも配慮っていうのは自主的なもので、他者が強制できるものじゃない。要するに今回のこのごたごたは単なる亀の予測ミス。自分のファンがどういう行動するかなんて、20年近くジャニーズやってきててわからないとは言わせないぞ。客席も含めて1つの作品にしたいのなら、いっそショー的なものとして舞台扱いした方がよかったんじゃないのかな。

これ以上、このもやもやが増えないことを祈ります…いやマジで私の素晴らしい思い出を汚さないでください…。

*1:Cメロの「今は僕らを~」っていうくそ低いところでマイクを向けられた

*2:金髪。ちっちゃい①。ダンス独特

*3:茶髪耳かけ率高め。ちっちゃい②。演出担当

*4:でこだし。最年少。高身長

*5:黒髪短髪。ゴリラっぽい。宇宙Six山下智久

*6:丸っこい茶髪。ちっちゃい③。お顔が可愛い

*7:さらさら黒髪。大きくはない。歌が上手

*8:今年の夏のJr.の現場「KING'S TRESURE」で発売された公式ペンライト

関西Jr.の「少年たち~南の島に雪は降る」を観に行ってきた話

もう1ヶ月半経つのですっかり記憶も薄れているというか、帰りの飛行機が欠航したショックで日曜日夜公演の2部からの記憶がほぼないというか…。何十回と飛行機乗ってるけど、欠航したのは初めてです。幕間で欠航のお知らせメールを見たときは本気でいつ帰れるのかなって気が遠くなった。結果的にすぐ次の日の便に振り替えられて、無事に帰ってこれたからいいんだけど!めでたしめでたし!!

松竹座は2015年のクリパ以来なので、約1年半ぶり。本当は去年のクリパも行くつもりだったけど、25日の昼にドームの追加公演が入ったから諦めたんだった。
ていうかさ!今回に関しては大阪行くまでに色々ありすぎて、松竹座入ったころには疲れてたよ!!
ここ数年行ってなかったエイトコンにふらっと行ってみたら真鳥くんいるし(私も真鳥くんの団扇持ってったけど、アリーナにいた石澤団扇目立ってたよ)。わかってたけど幕あいたら松竹座に真鳥くんいないし。私は一体誰を見に大阪まで行くんだよ!!!
まあ、今回の大阪遠征は松竹座だけじゃなく、北山くんの「あんちゃん」と風間くんの「ベター・ハーフ」も予定してたからあれなんだけど…それでも!それでも!私は大阪で真鳥くんに会いたかったんだよー!!!

っていう愚痴はここまでにして。真鳥くんがいない松竹座も普通に楽しんできました。根っからのDDは強い。
今年の松竹座は「少年たち」というか「アナザー風味の少年たち」というか「少年たち風味のアナザー」というか…なんかよくわかんないけど下手でアナザーやって上手で少年たちやってた。斬新すぎる。
内容は相変わらず突っ込みどころ満載で、今回はスルーしようかと思ったけどやっぱりちょっとだけ言わせて。
看守長は南の島でがっぽがっぽ稼いで一体どうするの?
そもそも島の民はなんで刑務所を作ることを許可したの?
刑務所から出て初めて「ここは日本じゃない!?」って驚いてたけど、ここに来るまでの移動時間考えたら推測できるよね?
というかコージとニシハタとその弟たちはどこの国の人なの!!!???
これが一番わけわかんなかった。ライバルを歌う場面でコージが「密入国船の底やったけど、楽しい船旅やった」みたいなこと言ったと思うんだけど、それだけ聞けば外国から密入国しようとして捕まった?つまり4人は外国人??って思うじゃん?そうしたらケントが「もう日本に帰られへんの?お母さんと住んでた北国に帰られへんの?」みたいなこと言い出すから大混乱。君たちは一体なんで捕まったんだ!!!
しかもあれだよね、コージが逃がしたトアが島の民と一緒にいるってことは、コージとケントとトアはこの島に流れ着いて捕まったってことで、それならここが日本じゃないって気づいていたはずでは…?(もしや逆に日本から外国に密入国しようとして捕まったのか?とも思ったんだけど、じゃあ他の囚人たちはなんなんだよってな)そしてニシハタはなんで捕まったんや…船?船ごと?そうしたら他の人たちは?(そういえばコージが「船で見たやつが慰問団の中にいた…だからいつかきっとトアもと思って待っていた」的なこと言ってたけど、つまりは船に乗っていた人は皆捕まったってことで、そうしたら大人たちはどこに行ったんだって話だし、そのコージが船で見た慰問団の子は一緒に日本に連れて帰らなくていいんだろうか)
個人的にここら辺が引っ掛かりすぎて頭が疲れた。真鳥くんがいないせいでそういう方向に脳が働いてしまう。
あとね、シンプルに死にすぎ。1つのストーリーの中で2人も死ぬってどうなの。通常なら自分のせいで2人も死なせちゃったニシハタが立ち直れないでしょ…。

まあストーリとか細かいところに目をつむれば、ちびたちはいつの間にか大きくなっていて立派に演技をしていて、歌もダンスも頑張ってておばさんはちょっと泣きそうだったよ。客席を走り回ったり、久しぶりにバルコに出てきたりしたのも、なんだか懐かしかった。
松竹座に慣れたベテラン勢が少ない分、アドリブの幅は狭まったと言わざるを得ないけど、なんとか関西Jr.らしさを残そうと頑張ってたのは見えた(正直、丈がいなかったらやばかった気もする。さすがでした)。小島と佐野くんが頑張ってたのはすごく感じたし、今回は丈が看守役だったりリチャードが抜けたりした分、困ったときの…が特にこの2人にかかってた気がする。おばさんはお小遣いをあげたい。
るーたんが基本お笑いに関わらないで怖い看守長に徹したのはすごいよかった。歌舞伎で鍛えられた上にキャラクターがさらに下衆くなっていたのもあるのか、今年の看守長はちゃんと怖かったです(花横の席だったとき、後ろからコツコツ近づいてくる足音に色んな意味でどきどきした)。お風呂のシーンはサービスショットなんだろうな…と思って目をつむろう。
高橋道枝長尾のトリオはちょっと不安だったけど、3人とも頑張っててよかった…みっちーのミスヴァはサビの振りが本家と同じですごいよかった…懐かしいね…。

でもさ!あのショータイムはいかがなものかな!笑
厳しいことを言うと、夏松竹のショータイムに関しては年々クオリティ下がってません?時間が短いのとか人数が少ないのもあるけど、単純に見ごたえがない。どうだ!これが関西Jr.だ!みたいなものが感じられない。
時間が短くても、人数が少なくても、選曲と演出でどうにでもなると思うんだけどな。ていうかステージ上に出演者全員いるのに、「Bring it on」を4人だけで歌うっていうのも不思議。あれか、あれは関西Jr.っていうより4人の歌なの?そうなの??(個人的に「Bring it on」めっっっっちゃ好きだけどね!!!)

個人的にはせんせーしょんず踊ってる正門を見られたことが大収穫。ちょっと戸惑うくらい可愛かった。
果たして来年は少年たちなのかアナザー風味少年たちなのか少年たち風味アナザーなのか。全然違うやつでもいいよ(可能性は低いだろうけど)。
とりあえず本当の意味での関西Jr.総出演とショータイムの改善をよろしくお願いします!!

林真鳥というアイドルの話

いきなりなんだけど、今日は林真鳥というジャニーズJr.の話をしたいと思う。突拍子なくて申し訳ない。この間上げたなうぇすとツアーの感想の中に真鳥くんのことを書かなかったのはこの記事を書いていたからです。
さて、なんでまたいきなり林真鳥にスポットライトを当てようと思ったのかっていう話なんだけど。それはもう私がなうぇすとツアーで、見事に林真鳥に抱かれてきたからです。
それまでも真鳥くんのことは好きだったし、濱田くんとあっくんの同期だっていうことで私の中でやっぱり少し特別な人。無くしたくない人。
別に今回初めて真鳥くんからファンサをもらったわけではないけれど、2月5日の宮城公演で持っていったファンサうちわを全て見せきってしまった。そして全てやってもらった。なんだこの多幸感は。

その勢いでこの記事を書いてしまいたい。林真鳥はものすごいアイドルです。

What is 林真鳥

まず簡単に林真鳥くんのことを紹介したいと思います。とは言っても真鳥くんのステマ記事なんて星の数ほどあると思うので、本当に簡単に。そして私の独断と偏見でばんばんいく。
真鳥くんのことを一言で説明するなら、ショタコンポンコツパリピファンサマシーンおじさん。カタカナだらけ。Funky8の青担当。現関西Jr.内でJr.歴は文ちゃんに次いで2番目に長く(桐濱と同期)、年齢は文龍に次いで3番目に高い。彼がジャニーズWESTと関西Jr.の中で君づけするのは先輩の文ちゃんだけ。この人も時空歪ませちゃってる系おじさん。
真鳥くんはチビジュが好きです。小さくて可愛い男の子が好きです。チビジュがなんか可愛いことしてるときに後ろにいる真鳥くんを見ると高確率でにやにやしてる。チビジュは真鳥くんのことを面倒見のいいおじさんお兄ちゃんだと思ってるようだけど、気を付けた方がいいと思うよ。
目が良くて視野が広い。個人的にJr.が自分の団扇を見つけるときに必要なのは視力より視野だと思ってるので(もちろん視力がそこそこある前提だけど)、真鳥くんは視野が広いんだろうなって感じる。林真鳥の視界に入らない松竹座の団扇はない。
そして全身から漂うパリピ感。Funky8のパリピ部分を担ってるのはまとすえ。全然ジャニーズに詳しくない友人に真鳥くんの画像を見せると「わ~チャラそう~ホスト顔だね~あちゃかちゃん好きそう~~」って言われる。好きだわ!!!ドンペリ入れたいわ!!!!!この非おたにも伝わるパリピ感よ。

ファンサのプロ

お値段以上、マトリ♪の名に恥じないコスパを打ち出してくる真鳥くん。彼の手にかかれば実質無料どころか、お釣りまでくるレベル。もはやキャッシュバックアイドル。
ジャニーズファンサ選手権なんてやったら、ぶっちぎりの1位でしょ真鳥くん。もちろんデビュー組も入ってる中での1位です。長年おたくやってきたけど、ここまでファンサできる人は真鳥くん以外に出会えてない。正直ファンサという点においてのみいえば、真鳥くんの右に出るアイドルはいないと思ってる。
ファンサ曲っていう概念がそもそも真鳥くんにはなくて、真鳥くんにとっては全てがファンサ曲。ターンしてうさみみ作って、手を挙げたと思ったらピースしてて、周りが音に合わせて指を立てていく中一人だけ投げキスしまくって。普通の曲でファンサしまくるプロです。本人でさえ振りに混ぜすぎてお客さんが気付いてくれないと嘆くレベル。
関西の現場に来たことのない人には全くわからないだろうけど、一度真鳥くんの立ち位置に入ればわかる。絶対にわかる。彼は自分に向けられたファンサうちわは全て自分のために作られてると思ってるし、自分のことを見ている女は全て自分の女だと思ってる。だから簡単に抱きにくる。もはや会場ごと抱きがち。
アイドルなんだからパフォーマンス云々言ってねーでファンサしろよファンサ!って思ってるおたくの皆さんには林真鳥を是非ともおすすめしたい。パフォーマンス力も高いけどね、彼は!

「アイドル」の形

いきなりだけど、私は重岡大毅というアイドルが好きだ。今までの重岡くんに関する記事を読んでもらえればわかると思うけど、私はこの世のアイドルの中で重岡大毅だけを純粋に信じていると言ってもいい。重岡大毅という着ぐるみの中は空っぽだと信じている。
以前書いた重岡くんの記事で、私は重岡大毅というアイドルを「私のものにならないなら誰のものにもならないで、という欲を満たしてくれる人」と表現した。真鳥くんはそれに対比する位置にいる。皆と同じように私のこともちゃんと愛して、という欲を満たしてくれる人。重岡くんとは違う形の、皆のものでいてほしいというワガママを許してくれる人。
好きという気持ちを少しでもぶつけたら、ほぼ100%打ち返してくれる。むしろ彼は、自分のことを嫌っていない女は全員自分のものだと思っている節がある。
林真鳥という着ぐるみの中には間違いなく滋賀県出身26歳一般男性が入っていて、たまに上げきれなかった背中のチャックの隙間から服のタグとか見えてる。それでもステージにたつ彼は間違いなく幸せをくれるから、見て見ぬふりをするしかない。ずるい人。
正直、ステージ上であれほど完璧にアイドルされたら何も言えない。真鳥くんは決してデキジュと呼べるタイプの人ではないけれど、ステージ上での真鳥くんは完璧なアイドル。本人もステージに立つことが好きで、人に見られることが好きで、ダンスも歌も好きだから、いつも楽しそうで。ステージに立つ彼が好きなんです、って割りきれる人には激しくおすすめしたい。
重岡くんとは180度反対の位置にいるけれど、間違いなく真鳥くんも皆を幸せにできるアイドルです。


こうして書き起こしてみると、真鳥担は大変だろうなぁと思う。自分の名前団扇じゃなくてもファンサ団扇持って見つめていればほぼほぼファンサくれる人を応援するのって、大変なことだろうな。
個人的に最近真鳥くんにしてもらって嬉しかったファンサは「セクシーにエアハグして」です。セクシーというか、もはやエロかった。ぎゅっ!みたいな可愛い感じじゃなくて、自分の体にゆっくり手を這わせて首を少し仰け反らせて、ん、って感じに体を寄せてくる林真鳥はもはや歩く18禁。しかもその後、どう?ってにやにやしながらこっちを伺ってくるのもやばかった。どうもこうもねーよ!!!隣の中学生が固まっちゃったよ!!!

一ヶ月のアメリカ修行で真鳥くんのダンスがどんな風に変わるのか今から激しくわくわくしているので、早めにそれを見れる機会をください。切実に。
自由の女神はさっさと抱き捨ててきて!!待ってるから!!ね!!!

ジャニーズ銀座2017のG公演に行ってきた話~その2

さてさて、それではクリエ本編の感想を。
東京Jr.だけの現場に行くのはそれこそKis-My-Ft2がJr.だった頃以来…?関西Jr.はたまーに松竹座に行くのであれなんだけど、東京Jr.のっていうと本当に数年ぶり。
6月3日昼公演をお立ち台目線列センターで見てきました。悩みに悩んだ結果、防振双眼鏡を連れて。


まず一言だけ言わせて。
楽しかった!!!!!
渡辺翔太がとってもかっこよくてとっても可愛くてとってもかっこよくてとってもかっこよかったです!!でもとっても可愛いの!!!
かっこよくて可愛いのは知ってたけど、生で見たら想像以上にかっこよくて可愛かった…語彙力ってなんだっけ…。お立ち台に立たれると、もはや見つめていいのかさえわからなくなる。渡辺翔太眩しい。

SnowManのクリエは初めてだったから、始まるまで心臓が口から出るんじゃないかってくらいどきどきしてた。手汗がひどかった。
「ZIG ZAG LOVE」から始まって、そこからは少クラで見たことあるメドレー。元々DDだから終始知らない曲がなかったんだけど、少クラでは映りきれない渡辺翔太のあれが見たいこれが見たいが叶ったメドレー。私がクリエに行こうと思ったきっかけでもあるスカリミや、渡辺翔太の♪そう胸の中~も聴けてとりあえずチケット代分回収完了。もうとにかくかっこいい!!実際は双眼鏡なくても渡辺翔太をしっかり見られたけど、一曲目がじくざくなら双眼鏡必須じゃん!!ぽんぽんぺろーんってするじゃん!!!だから結果的にほとんど双眼鏡持ってたね。一公演しか見られないから一秒たりとも逃すわけにはいかなかったの…今回は渡辺翔太を見るっていう目的を持って来たから…。渡辺翔太のダンスはもちろん好きだけど、ダンスだけで言えば私は佐久間くんのダンスが死ぬほど好きです。じっくり見たかった。あと「CHANGE UR WORLD」のイントロのめっちゃ反る渡辺翔太を見られて大満足。頭も後ろに倒してたから、喉仏がくっきりはっきり。
グループ名はSnowManだけど、雪の曲は「SNOWDOMEの約束」のみ(個人的にはWORLDメドレーやるんだったら、雪メドレーとかやった方がいいんでないの?って思った)。渡辺翔太は左手人差し指でくるんくるんって指揮っぽいことしたり、右手で指鳴らす振りをしてた。ここら辺はまだ顔に余裕あった。可愛い。そしてなんか儚かった。
「Love Situation」では椅子と戯れるSnowMan。こういう道具使うのは嫌いじゃないけど、この一曲しか使わないのはいささかもったいない。どうせ小道具使うなら、前後も使える曲で繋げてもいいような気がする。一曲くらい座ってバラード歌ったりとかね(そこで体力回復させるんだよ!)。 それにしても今のJr.これめっちゃ歌うね?あちこちで歌ってるね??
私の入った回は見学に河合くんと安井くん。安井くんにプリの使い方が「雑い」って言われて「その喋り方チャラくね?(笑)」って言うチャラい渡辺翔太。阿部ちゃん先生はクイズ。阿部ちゃんが書いた魑魅魍魎って文字を見て「左側全部一緒なんだけど!!」って叫ぶ渡辺翔太。1+2+3+4+5+6+7+8+9がわからなくなって、ホワイトボートを指差してにらめっこしてる渡辺翔太。宮沢賢治に文句言う渡辺翔太。「河合侑人」って書いてハイタッチするだてなべ。総じて可愛かった。そしてSnowManは結構なおばかさんが揃っていた。
滝沢歌舞伎観に行ってないから「Boogie Woogie Baby」も初めて聴いたんだけど、普通にかっこいい曲で驚いた!!曲名からは想像もつかないかっこよさだった!!笑 「ZIG ZAG LOVE」とも「Acrobatic」とも違う感じで、3つめのオリジナル曲がこれなのは強いな~って感じる。そしてなんとなくSnowManっぽい。なんとなく。♪たとえ無理矢理でも切り開くよ~のところが好き。
この流れで「Framingo」はすごくよかった。動タイプのダンスと静タイプのダンスを続けて踊れるのは純粋にすごい。♪シャンパンのような~の部分のシャンパンを飲む振りがとてつもなく好き…!!歌詞とリンクしてる振り好き…!!岩本くんGJ!!
「In The Name Of Love」はなんか、渡辺翔太めっちゃ美味しいとこ歌ってる…よね??(記憶力低すぎて自信がない)歌ってほしいな~って思ってたパートをほぼほぼ歌ってくれてて、もう各方面に感謝しかない。ありがたや。
その後は2つに分かれて曲をやって、いきなりオタ芸を始めるSnowMan。人が変わったようにいきなり激しくオタ芸をする渡辺翔太にびびった。頭と腕をブンブン振り回してるの可愛かったけど、その体力後半に温存しといた方が…。
って思ってたら最後は案の定ダンスダンスダンス。「NOROSHI~PSYCHO~REAL DX」で、とってもかっこいいけど渡辺翔太は最後の方目をぎゅっとつむって、気力だけでダンスしてるように見えた。こりゃもう少しで死ぬなって思った。それがまたかっこよかったんだけど。
その後上手のセットに登って「RUSH OF LIGHT」。スポットライトが当たってなくても、渡辺翔太の顎から、ぽた、ぽたん、って汗が落ちていくのが見えて、それがすごく可哀想で、すごく綺麗だった。汗がキラキラ光って、渡辺翔太の顎のラインを描くように伝って落ちていくのが綺麗だった。まさに渡辺翔太の汗がRush of light

本編の感想としてはざっとこんな感じ。お立ち台は本当に目線で恥ずかしかった。他5人とはばっちり目が合うのに、渡辺翔太とは合った気がしない不思議。渡辺翔太らしいね!!岩本くんが12列の阿部ちゃんのファンの子に自分の汗を撒き散らしてたのは見たよ(ペンライト緑だったから多分阿部ちゃんのファン)。
っていうか歌割すごいね!?見事に痒いところに手が届く歌割。そしてその歌割を担当したのが阿部ちゃんだって聞いて納得…計算されてるわ…。とりあえず「In The Name Of Love」の渡辺翔太パートをあの部分にしてくれたのが阿部ちゃんなら金一封差し上げたいので早急に口座教えて。
個人的には6月2日夜の当日券に並べたのも嬉しかったー!実はクリエの当日券って並んだことがなくて、じゃにおたとしては一回並んでみたいって思ってたからいい経験でした(ちょうど目の前の人が当たってて、なんかそれだけでどきどきした)。
語彙力低すぎてSnowManの魅力を全くお伝えできないのがもどかしいけど、かっこよくて可愛くて楽しかったです。だてなべの絡みが見られたのも嬉しい。最後に「RUSH OF LIGHT」を持ってきたのはきっと宮舘くんだろうな~って思ってるんだけど、本当にそうなら宮舘くんにも金一封あげるから口座教えて。今のSnowManがこの歌を歌うのはすごく重たいことのような気がするというか、敢えてこの曲をチョイスしたのはどういう思いだったのか聞いてみたいような聞いてみたくないような。あ、現金書留でもいいよ。


とにもかくにも6日間10公演、お疲れ様でした!渡辺翔太がにこにこ楽しそうにしてて何より!でも滝沢歌舞伎が終わって一ヶ月も経たずにクリエって改めて大変なことだよね…おいポテト食ってる場合じゃねぇぞ…ポテト食べられる食欲あるのは素晴らしいけども…。
初の土日公演に参加して、渡辺翔太に「仕事お疲れ様!」って言ってもらえたのはたまらなく嬉しかったです。君たちに会うためにお仕事頑張ったんだよー!!来年も縁があれば行きたいなぁ…徳を積もう…。

渡辺翔太の歌もダンスも堪能できてすごく楽しかったし、行ってよかったと本当に思う。SnowManのことが前よりもっと好きになったのは間違いない。
だけど、好きになればなるほど、知れば知るほど、感じるものや求めることがあって、今の私にそれはしんどい。ジャニーズWESTを能天気に応援してる今の私に、渡辺翔太は荷が重い。彼を応援するには、何かを捨てなければならない気がする。そういう覚悟が必要な人だと思った。
長いことやいやい言われるタイプのジャニーズが好きだった私が、渡辺翔太を好きになるのは必然だったのかもしれない。正直、手のかかる子を好きになる傾向があるのは否めない。FRIDAYに連載もっちゃったり、プリクラが流出しちゃうような人を好きになってしまう。好みの癖が強い。
きっとまた会いに行くと思う。たまらなく会いたくなる日が来ると思う。手を伸ばしたくなる日が間違いなく来る。
でも、ずるいのは承知で、もっと穏やかな気持ちで、今後待ち受けるどんな未来にも傷つかない場所で、そっと6人を応援し続けたい。

お疲れ様でした。楽しかったです。また、いずれ。

続きを読む