読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七人七色

@gladee_achan あっちで書ききれなかった長い文を載せていきます。超ポジティブ。超適当。いけめんが大好き。

大阪マラソン2015を終えて

このタイトルだとなんだか私が走り終えたみたい。もちろんそんなわけはなく、お家で静かに3人を応援していたわけですが。

淳太くん、神ちゃん、濱ちゃん、完走おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。応援の4人もお疲れ様でした。きっと私以上にはらはらどきどきだっただろうな。
濱ちゃんがゴールした瞬間はネット中継にちょうど映っていたので見ることができたんですが、自分でもびっくりするくらい大きい声出たし、普通に泣いたよね。いつもステージ上だと流星さんと見間違えそうになる私の性能の悪い濱田くんセンサーが、初めて役に立った気がする。足を引きずりながらそれでも走って、ゴールして、髪かき上げて、スタッフさんたちとハイタッチして。その後、抱えられて歩く姿にまた泣くっていう。
一部のスポーツ紙には取り上げていただいているようで、3人のコメントも載せてくださっていて。番組の罰ゲームは、とりあえず今回は見送りな感じ?次回、全員で受けるのかな?まあ、番組的には面白さに欠けるのかもしれないけど、あれだけ必死に走った3人に罰ゲームっていうのも酷な話だしねぇ…。


この企画が発表されたときにもついったーで愚痴ったんだけど、そもそも私はこういう企画基本嫌いです。過保護というかモンペ系のおたくなので、自分の可愛い子たちが苦しい思いをする企画は嫌いです。だから罰ゲーム系も好きじゃない。過酷なロケとかも無理。もちろんテレビ的な面白さというのも理解しているので、やめろとかは言わないけどね。どういう形であれ、フィーチャーされるのは悪いことじゃないし。
ただ、私の個人的な感情としては嫌。嫌い。だから今回のマラソンも、“頑張れ”って言葉が3人の力になるなら、なってしまうなら、絶対に言うもんかと思って。いつリタイアしてもいいように、万が一時間切れになってしまってもいいように、何よりも自分の体を大事にしてくれるように。

そうして始まった42.195kmの道のりは、予想していた以上に長かった。

スポーツ紙のコメントでもわかるように、淳太くんはものすごく悔しがっていて、自分に怒っていて。そう言うだろうと思っていたから、余計に嫌だった。情けないとか思わないでほしい。ファンに申し訳ないとか、そんなこと考えないでほしい。久しぶりのマラソンで体も慣れていない中、お仕事の合間を縫って必死に練習したはずなのに。悔しさで泣いてしまう姿を見たかったわけじゃないんだから。胸を張ってくれていいのに。かっこいいよ、淳太くんはかっこいい。間違いなくかっこいい淳太くんだった。

神ちゃんに至っては、なんでもドクターストップがかかっていたと?いやもう本当ふざけんなよって感じ。私の大事な神山智洋の膝に何してくれちゃってんのって感じ。普段から激しいダンスやアクロバットで膝に負担がかかっているはずなのに、なんでそれ以上に痛めつけなきゃならんのかと。練習開始直後に痛めたってことは、本番どころか練習中からずっと痛かっただろうに。神ちゃんの性格上、投げ出すことも逃げ出すこともできるわけないって、知ってるのに。後半になってスピード上げたって聞いて、このまま神ちゃんの膝が壊れちゃったらどうしようってすごくすごく不安だった。笑顔を絶やさずに走り切った神ちゃんはかっこよかったけど、その強い気持ちがいつか神ちゃんの大事なものを奪ってしまわないか、とても心配だったりする。

そんでもって濱田くんはやっぱりというか、嫌な予感がしていたというか。
本番直前に両膝痛めたってなによ。走ってる最中にふくらはぎ痙攣ってなによ。普段から不摂生してるからだよ!おばか!!しかもちょうど気温が下がり始めるこの時期に、体脂肪率低すぎる濱ちゃんが普通に走れるとか思ってたのかよ!普段からあちこち痛めやすいくせに、どうしてあそこまで無理するかね。ほんともうまじでばか。前から言ってるけど、濱田くんはいつも私の大好きな濱田くんを大事にしてくれない。今回もそう。へらへらしながら走ってんじゃねーよ。苦しかったら苦しい顔していいんだよ。痛かったら痛いって言っていいんだよ。無理だって思ったら、メンバーとか、ファンとか、スタッフさんとか、そんな他人のことなんて考えずに、もう無理!って言っていいんだよ。誰もそんなことで、嫌いになったりしないんだから。濱田くんを責めたりなんてしないんだから。マラソン走れる濱田くんでも、走れない濱田くんでも、大好きなことに変わりないんだから。
神ちゃんに追い抜かされたことも予想外だったのに、いつの間にかタイムリミットギリギリとかになっちゃって。大幅に遅れているなら、ああ残念だったね、で済ませられたのに、ぎりぎりで一生懸命頑張るから。絶対に頑張れなんて言うもんかって思っていた私も、頑張れって思わざるを得なくて、そこからはスマホ片手に時計とにらめっこ。笑っててもきっとものすごく悔しいはずの濱田くんに、せめて“完走”の2文字を掴んでほしいと思って。ここまで頑張ったのに7時間間に合わないんじゃないかと本気でひやひやしたこっちの身にもなれよ。まじで。ゴールで待ってる6人がどれだけ心配したと思ってんの。まじで!

結果的には、本当に3人ともかっこよかったんだけど!!ついったーで流れてくる状況報告とか、ちらっとテレビに映り込んだ画像だとかを見てるだけでも、本当に本当にかっこよかった。イケメンが一生懸命走ってる姿って、やっぱりイケメンなんだよな。一般人だと顔面めちゃくちゃになるのにね。なんかの魔法かかってんのかな。
ただね、濱田くんをはじめとする私の可愛い子たちには、立派なお家に住んで、温かいお布団で眠って、美味しいご飯をいっぱい食べてほしいのよ。優しいものに囲まれて、ぬくぬく生きててほしい。そのために私は毎日必死で働いて、彼らにお金を落としているわけです。濱田くんが毎日にこにこ笑いながら暮らせるようにね。
だから苦しんで痛がってる3人見て喜べないよ。笑ってなんて見ていられないよ。マラソンが本業じゃないんだから、仕事に支障をきたすようならやめてもよかったんだよ。無理して頑張る人たちだってわかってたから、頑張れなんて言えなかった。だって私はマラソンなんて走ってほしくなかったんだもの。あんなに長く感じる6時間49分はもうたくさんだ。


大阪マラソン2015を終えて、やっぱりこういう企画は嫌いだなと再確認しました。体を痛めるほど努力した人が謝るなんておかしい。足を引きずってゴールした人が悔しがるなんて間違ってる。3人はちゃんと評価されていい。褒められていい。3人まとめて世界中の女性からモテモテになるべきだ。
とりあえずツアーまでにはしっかり治してください。満足にリハーサルできないなんてなったら、また自分たちのこと責めるんでしょ、きっと。特に私は濱神ちゃんのアクロバットダンス見に行ってるようなもんなんだからね。そこんとこ頼むよ。淳太くんは安静にして、ツアーの構成考えてください。余計なことは考えず、くれぐれも安静に。
番組的には感動したからこのまま罰ゲームはお流れで、ってわけにもいかないし、そもそも3人が引き受けたんだから罰ゲームは受けるべきだけど。個人的には、罰ゲームなんてやらんでいい!代わりに私がやるわ!!って言いたいくらいです。こういう苦しいお仕事もきっと彼らの糧になるんだろうなぁと思ってはいても、やっぱりできるだけ苦労はしてほしくない。可愛い子には旅をさせよとか、苦労は買ってでもしろって言うけど、可愛い子の苦労は私が買います。売ってください。買います。可愛い子は苦労なんてせずに、いつもにこにこ笑って楽しく生きていてくれればいい。もちろん、異論は認める。