七人七色

@gladee_achan あっちで書ききれなかった長い文を載せていきます。超ポジティブ。超適当。いけめんが大好き。

ジャニーズ銀座2017のG公演に行ってきた話~その2

さてさて、それではクリエ本編の感想を。
東京Jr.だけの現場に行くのはそれこそKis-My-Ft2がJr.だった頃以来…?関西Jr.はたまーに松竹座に行くのであれなんだけど、東京Jr.のっていうと本当に数年ぶり。
6月3日昼公演をお立ち台目線列センターで見てきました。悩みに悩んだ結果、防振双眼鏡を連れて。


まず一言だけ言わせて。
楽しかった!!!!!
渡辺翔太がとってもかっこよくてとっても可愛くてとってもかっこよくてとってもかっこよかったです!!でもとっても可愛いの!!!
かっこよくて可愛いのは知ってたけど、生で見たら想像以上にかっこよくて可愛かった…語彙力ってなんだっけ…。お立ち台に立たれると、もはや見つめていいのかさえわからなくなる。渡辺翔太眩しい。

SnowManのクリエは初めてだったから、始まるまで心臓が口から出るんじゃないかってくらいどきどきしてた。手汗がひどかった。
「ZIG ZAG LOVE」から始まって、そこからは少クラで見たことあるメドレー。元々DDだから終始知らない曲がなかったんだけど、少クラでは映りきれない渡辺翔太のあれが見たいこれが見たいが叶ったメドレー。私がクリエに行こうと思ったきっかけでもあるスカリミや、渡辺翔太の♪そう胸の中~も聴けてとりあえずチケット代分回収完了。もうとにかくかっこいい!!実際は双眼鏡なくても渡辺翔太をしっかり見られたけど、一曲目がじくざくなら双眼鏡必須じゃん!!ぽんぽんぺろーんってするじゃん!!!だから結果的にほとんど双眼鏡持ってたね。一公演しか見られないから一秒たりとも逃すわけにはいかなかったの…今回は渡辺翔太を見るっていう目的を持って来たから…。渡辺翔太のダンスはもちろん好きだけど、ダンスだけで言えば私は佐久間くんのダンスが死ぬほど好きです。じっくり見たかった。あと「CHANGE UR WORLD」のイントロのめっちゃ反る渡辺翔太を見られて大満足。頭も後ろに倒してたから、喉仏がくっきりはっきり。
グループ名はSnowManだけど、雪の曲は「SNOWDOMEの約束」のみ(個人的にはWORLDメドレーやるんだったら、雪メドレーとかやった方がいいんでないの?って思った)。渡辺翔太は左手人差し指でくるんくるんって指揮っぽいことしたり、右手で指鳴らす振りをしてた。ここら辺はまだ顔に余裕あった。可愛い。そしてなんか儚かった。
「Love Situation」では椅子と戯れるSnowMan。こういう道具使うのは嫌いじゃないけど、この一曲しか使わないのはいささかもったいない。どうせ小道具使うなら、前後も使える曲で繋げてもいいような気がする。一曲くらい座ってバラード歌ったりとかね(そこで体力回復させるんだよ!)。 それにしても今のJr.これめっちゃ歌うね?あちこちで歌ってるね??
私の入った回は見学に河合くんと安井くん。安井くんにプリの使い方が「雑い」って言われて「その喋り方チャラくね?(笑)」って言うチャラい渡辺翔太。阿部ちゃん先生はクイズ。阿部ちゃんが書いた魑魅魍魎って文字を見て「左側全部一緒なんだけど!!」って叫ぶ渡辺翔太。1+2+3+4+5+6+7+8+9がわからなくなって、ホワイトボートを指差してにらめっこしてる渡辺翔太。宮沢賢治に文句言う渡辺翔太。「河合侑人」って書いてハイタッチするだてなべ。総じて可愛かった。そしてSnowManは結構なおばかさんが揃っていた。
滝沢歌舞伎観に行ってないから「Boogie Woogie Baby」も初めて聴いたんだけど、普通にかっこいい曲で驚いた!!曲名からは想像もつかないかっこよさだった!!笑 「ZIG ZAG LOVE」とも「Acrobatic」とも違う感じで、3つめのオリジナル曲がこれなのは強いな~って感じる。そしてなんとなくSnowManっぽい。なんとなく。♪たとえ無理矢理でも切り開くよ~のところが好き。
この流れで「Framingo」はすごくよかった。動タイプのダンスと静タイプのダンスを続けて踊れるのは純粋にすごい。♪シャンパンのような~の部分のシャンパンを飲む振りがとてつもなく好き…!!歌詞とリンクしてる振り好き…!!岩本くんGJ!!
「In The Name Of Love」はなんか、渡辺翔太めっちゃ美味しいとこ歌ってる…よね??(記憶力低すぎて自信がない)歌ってほしいな~って思ってたパートをほぼほぼ歌ってくれてて、もう各方面に感謝しかない。ありがたや。
その後は2つに分かれて曲をやって、いきなりオタ芸を始めるSnowMan。人が変わったようにいきなり激しくオタ芸をする渡辺翔太にびびった。頭と腕をブンブン振り回してるの可愛かったけど、その体力後半に温存しといた方が…。
って思ってたら最後は案の定ダンスダンスダンス。「NOROSHI~PSYCHO~REAL DX」で、とってもかっこいいけど渡辺翔太は最後の方目をぎゅっとつむって、気力だけでダンスしてるように見えた。こりゃもう少しで死ぬなって思った。それがまたかっこよかったんだけど。
その後上手のセットに登って「RUSH OF LIGHT」。スポットライトが当たってなくても、渡辺翔太の顎から、ぽた、ぽたん、って汗が落ちていくのが見えて、それがすごく可哀想で、すごく綺麗だった。汗がキラキラ光って、渡辺翔太の顎のラインを描くように伝って落ちていくのが綺麗だった。まさに渡辺翔太の汗がRush of light

本編の感想としてはざっとこんな感じ。お立ち台は本当に目線で恥ずかしかった。他5人とはばっちり目が合うのに、渡辺翔太とは合った気がしない不思議。渡辺翔太らしいね!!岩本くんが12列の阿部ちゃんのファンの子に自分の汗を撒き散らしてたのは見たよ(ペンライト緑だったから多分阿部ちゃんのファン)。
っていうか歌割すごいね!?見事に痒いところに手が届く歌割。そしてその歌割を担当したのが阿部ちゃんだって聞いて納得…計算されてるわ…。とりあえず「In The Name Of Love」の渡辺翔太パートをあの部分にしてくれたのが阿部ちゃんなら金一封差し上げたいので早急に口座教えて。
個人的には6月2日夜の当日券に並べたのも嬉しかったー!実はクリエの当日券って並んだことがなくて、じゃにおたとしては一回並んでみたいって思ってたからいい経験でした(ちょうど目の前の人が当たってて、なんかそれだけでどきどきした)。
語彙力低すぎてSnowManの魅力を全くお伝えできないのがもどかしいけど、かっこよくて可愛くて楽しかったです。だてなべの絡みが見られたのも嬉しい。最後に「RUSH OF LIGHT」を持ってきたのはきっと宮舘くんだろうな~って思ってるんだけど、本当にそうなら宮舘くんにも金一封あげるから口座教えて。今のSnowManがこの歌を歌うのはすごく重たいことのような気がするというか、敢えてこの曲をチョイスしたのはどういう思いだったのか聞いてみたいような聞いてみたくないような。あ、現金書留でもいいよ。


とにもかくにも6日間10公演、お疲れ様でした!渡辺翔太がにこにこ楽しそうにしてて何より!でも滝沢歌舞伎が終わって一ヶ月も経たずにクリエって改めて大変なことだよね…おいポテト食ってる場合じゃねぇぞ…ポテト食べられる食欲あるのは素晴らしいけども…。
初の土日公演に参加して、渡辺翔太に「仕事お疲れ様!」って言ってもらえたのはたまらなく嬉しかったです。君たちに会うためにお仕事頑張ったんだよー!!来年も縁があれば行きたいなぁ…徳を積もう…。

渡辺翔太の歌もダンスも堪能できてすごく楽しかったし、行ってよかったと本当に思う。SnowManのことが前よりもっと好きになったのは間違いない。
だけど、好きになればなるほど、知れば知るほど、感じるものや求めることがあって、今の私にそれはしんどい。ジャニーズWESTを能天気に応援してる今の私に、渡辺翔太は荷が重い。彼を応援するには、何かを捨てなければならない気がする。そういう覚悟が必要な人だと思った。
長いことやいやい言われるタイプのジャニーズが好きだった私が、渡辺翔太を好きになるのは必然だったのかもしれない。正直、手のかかる子を好きになる傾向があるのは否めない。FRIDAYに連載もっちゃったり、プリクラが流出しちゃうような人を好きになってしまう。好みの癖が強い。
きっとまた会いに行くと思う。たまらなく会いたくなる日が来ると思う。手を伸ばしたくなる日が間違いなく来る。
でも、ずるいのは承知で、もっと穏やかな気持ちで、今後待ち受けるどんな未来にも傷つかない場所で、そっと6人を応援し続けたい。

お疲れ様でした。楽しかったです。また、いずれ。







はい、これ以降はポジティブ野郎が若干毒吐きます。SnowManド新規が勝手なこと言います。文句は受け付けませんのであしからず。

なぜか私はもやもやしている。すごく楽しくて渡辺翔太はかっこよくてSnowMan皆可愛くて、観に行ってよかったなって思ってる。それなのに、シアタークリエを一歩出た瞬間からずっと心がもやもやしてる。
良いか悪いかは置いといて、さすが5年目なだけあって余裕が見えた。ある種のホームなんだなって。だから私も後半は落ち着けたし、安心して見ていられた。
だけど、違う、だって、SnowManはもっとできるでしょう?
良くも悪くもSnowManらしくて、ド新規の私でさえ想像どおりのステージだった。だから初めて生でSnowManを見るには申し分ないのだけど。
「え、この人たちまだJr.なの?あのレベルでこの規模なのおかしくない??」って言わせてほしい。むしろそう言いたくて今回はるばる東京に言ったようなもんだった。
ペンライトを振るのも忘れて息を飲むような瞬間や、双眼鏡を持つ手が震えるような衝撃が欲しかった。そしてそれくらいのことSnowManはできるはずだ。それくらいのこと。

結果的に千秋楽には1400人を超える人が当日券に並んで、自らの最高記録を更新したわけで。だからどうしたって言われたらそれまでだし、当日券の数字=グッズやDVD買うファンの数とはならないわけだけど、それでもやっぱり嬉しいし、目に見える数字は大きいに越したことはない。
でも当日券って、誰の利益にもならないんだよね。誰が儲かるわけでもないんだよね。本当に需要を伝えたいなら、誰かの利益になる数字を出さなきゃならないと個人的には思ってる(だからついつい渡辺翔太のフォトセットを2つ買ってきてしまった。ついでふっかのも買ってきた(マイマザーの分))。
あとね、この当日券の人数が上に伝わるだけじゃ意味がない。SnowMan自身がそれを受けて、動いてくれないと。自分たちのファンがそれだけのことをしてくれたってちゃんと受け止めて、それに答えるのは上の人じゃなくてSnowMan自身がやること。喜ぶだけで終わっちゃいけない。終わらせちゃいけない。

私はSnowManのことをまだ全然知らなくて、あーだこーだ言えるような立場ではなくて、だからド新規が何を言ってるんだ感すごくて本当申し訳ないんだけど、ずっとSnowManを見てきた人たちはたまらなくもどかしいんじゃないだろうか。あんなになんでもできるんだから、楽しかった、かっこよかった、なんて陳腐な感想で終わるべきじゃない。私みたいな新規がただ楽しめるセトリでいいの?新規の度肝を抜いて、長くファンやってる人たちが楽しめるものじゃなくていいの?クリエなんて自分たちで好き勝手できる数少ない機会なのに、そこで勝負せずにどこで勝ちに行くの??

なんてことを軽く具合悪くなるくらい考えていた。とっても楽しくてたまらなかったからこそ、こんなもんじゃねぇだろって感じた。ソロ曲なくしたのもメンバー紹介曲なくしたのも考えてのことなんだろうけど、「えぇー!?SnowManさんそこいっちゃいますー!?そこチョイスするー!?」みたいな部分が圧倒的に足りてない。裏切りが足りない。
それだけ、あほみたいに期待していた。画面越しじゃ伝わりきれないSnowManの魅力に、どっぷり浸かる気でいた。だからこそ浸かりきれなかったことが悔しい。
早く、この世界に間違いなく存在している私の知らないSnowManを見たい。早く、早く。