七人七色

@gladee_achan あっちで書ききれなかった長い文を載せていきます。超ポジティブ。超適当。いけめんが大好き。

「The一~Follow Me~」北海道公演の感想とか

本当はツアーが終わってから感想をあげようかと思ったんだけど、薄れていく記憶とちょっとしたもやもやを吐き出すために書く。

7月26日、27日の北海道公演に行ってきました~。ド平日だったからちょっと悩んだけど、繁忙期じゃないし、待ちに待ったソロだし!27日の夜公演は諦めたけど、2公演だけでも行こう!行くっきゃない!と思って行ってきた。
結果的に、なんで私は1公演諦めたんだろうっていう後悔しかない。
全体の感想としては、バンザーイ!君をー好きでよかった―!!って感じでした。そりゃあね、一応15年近く応援してきた人のソロコンが楽しくないはずがない。私はそもそも亀梨和也が作るものが大好きだし、信頼している。だから絶対に楽しいのはわかってた。わかっていたけど。こんなに楽しいなんて聞いてない。
楽しかった!楽しすぎた!かっこよくて可愛くて綺麗で可愛くて素晴らしくかっこいい!私の好きになった人はやっぱりすごい!!!
私が知っている亀梨和也、私が見てきた亀梨和也、私がもう一度見たいと願った亀梨和也がそこにいた。応援してきた十数年をぎゅっと凝縮して、じっくり煮詰めたような2時間30分。ただひたすら楽しくて、幸せで、帰りたくなかった。終わってほしくなかった。なんかよくわかんないけど、変なノリの末に「イカ」と叫ばされたこともいい思い出です。いやーあれ楽しかったね!笑
1番を決められないくらい本当に全てがすごくて、私がいるのは間違いなくニトリ文化ホールなのに「あれ?ここ帝劇?」って何度も思った。そういう意味でもバックがJr.だったことが嬉しかったな~。
00'00'16もサムサムも懐かしいのに、今の亀がやるから新しくて…なんというか言葉にできないっす…。途中のドリボの映像で渡辺翔太を見つけて声をあげそうになったり、いきなりバンドが始まって動揺してみたり、途中のなんかえっちな映像(って書くとあれだけど雰囲気ね、雰囲気がえっち)をどんな顔してみればいいのかわからなくて困惑したり。ずっと感情が忙しなかった。でも文句の付けどころのない、すごいコンサート。あ、「僕らの街で」を歌えなかったのはこっち側のせいだけじゃないと思うよ!あのパートを振ってくるのはひどい!笑*1

さて、亀がかっこよくて可愛いのなんて今更説明する必要もないので、ここからは少し宇宙Sixの話を。

山本亮*2。山本キャッチング亮太。はーーーー好き!って感じ。「1582」のフライングキャッチ担当なんだけど、片手で亀をキャッチして、自分の体重使って降ろすの。安心して見ていられる。はーーーー好きしかねーわ!!相変わらずダンスがいい意味で独特で、林くんを見てても、亀を見てても、視界の端でやまりょが踊っているのがわかる。

江田剛*3。あんまり江田ちゃんにアクロバットのイメージなかったんだけど、「わー林くん土台やってるー!(はーと)…え、江田ちゃん!?」って驚くレベルで飛んでた。横に。やまりょが高さなら、江田ちゃんは飛距離。すげー飛んでた。舞台から落ちるかと思った。ていうか演出担当ってどしたの…素晴らしすぎたよ…。

目黒蓮*4。27日昼公演で隣に座っていたのがめめ担のお姉さんでした。すごい話しかけたかったけど我慢した。「1582」で亀の手を取る役をやっていたんだけど、これは間違いなく身長選抜だなと。あの場面は亀より高くないと格好つかない。よくぞ大きく育ってくれた。あと、随分腰を落としてダンスするなーと思って見てたんだけど、後日友人に「一人だけ身長が高いから周りに合わせるために敢えて腰を落としてる」って聞いて泣きそうになった。健気か。

原嘉孝*5いじられキャラでお笑い担当…なの?(ジャニーズWESTは原ちゃんに大きな声で返事をさせるという雑ないじりをしていた) 27日昼公演ではいきなり亀のモノマネ始めたり、ダメ出しされたりしてたけど、踊ってるとかっこいいよね原ちゃん。アンコールでは宇宙Sixでマイク1本を順番に回してたんだけど、その流れに全く気付いていなくていきなりマイクをもらってきょとんとして、そのまま持ち続けちゃった可愛いおばかさん(結果こーてぃーに回らなかったw)。

松本幸大*6。サムサムで緑のシャツに着替えてから緑の布を持って踊るんだけど、26日は下手上段で緑の布ともちゃもちゃ格闘してた。床の穴に布が吸い込まれちゃったみたいで、必死に引っ張ってた。いつもにこにこしてるお顔が見たことないレベルで焦ってた。そして亀も林くんもそっちのけでこーてぃーを応援する私(なんとか引き抜いて一件落着)。

林翔太*7。はい来ました私の心のオアシス林くん!!!基本、林くんか亀を見ていたってレベルで林くんを見てた!むしろどっちを見たらいいかわからなくて、ずっときょろきょろしてた!林くんかっこよかったー!私的ベストオブ林くんは、「Follow Me」で亀が放った白い布を移動しながら無表情で拾ってベッドへ乱暴に放り投げる林くんです!待って林くん!いきなりそんな色気大放出させるのやめて!!好き!!!26日の一発芸コーナー(?)では私の祈りが通じたのか(せっかくだから林くん手を挙げて…何かやって…って手を合わせて祈ってた)、林くんが手を挙げて亀と一緒に「愛のかたまり」を歌うという奇跡!好きな人と好きな人が大好きな歌を歌ってくれるって私ここに墓立てるしかなくない?って思いました!あと「VANILLA KISS」で白い布を使って踊る林くん綺麗だった!DVDはよ!!ちなみに「背中越しのチャンス」はスの担当だった(と思うけど間違ってないよね?あれ?笑)

もう本当に目が足りなかった…2つあってなんとか亀と林くんを見ていられたので、つまり7つ必要。アンコールの「Wonderful world」で宇宙Sixが指でハートを描く振りがあるんだけど、それ林くんしか見てなかったの後悔してるから…皆のハート見たかった…。ちなみにこれ以降、巨人戦のハイライトを見てると頭の中で林くんが踊ります。
宇宙Sixをバックにつけてくれた亀には頭が上がらないし、亀のソロコンに全力で挑んでくれた宇宙Sixには感謝しかないです。ひたすら私が楽しいコンサートだった。というか完全に亀ソロのせいなんだけど、湾岸の宇宙Six公演に行きたくて行きたくて申し込もうかとさえ思った。危なかった。

今、KAT-TUNを最優先で追いかけているわけじゃない私が言うのもあれなんだけど、少し前までは亀がソロコンやるとは思ってなかった。個人的にはやってほしかったけど、ないだろうなと思ってた。もしあっても、遠い遠い未来だろうなって。充電期間に入ってよかった、なんて絶対に言わないけど、こういうことがなければ亀のソロコンを見ることはできなかったかもしれないわけで、複雑な思いを抱きつつ必要な時間なのかもしれないと思ってみたり。KAT-TUN亀梨和也でいるときは、ソロの亀梨和也としての亀梨和也は身を潜めちゃうからなぁ。亀梨和也のそういうところ好きだけどね。亀梨和也ゲシュタルト崩壊
まあ、あまり頭を使わずに言えば、楽しかったからまたいつかソロコンやろうね!って感じです!全国ツアーじゃなくていいからさー!
オーラスまでもう少し。怪我なく、楽しく、亀がやってよかったと思えるツアーの締めくくりになりますように!ドキュメンタリー盛りだくさんのDVD待ってまーす!








さて、冒頭で書いたもやもやしたものを吐き出します。苦情等は一切受け付けませんのであしからず。

もうさー…ソロコンの案内の時点でガチガチにしとくべきだったよね!!
全席本人確認します。団扇は1人1枚までです。手作り団扇は禁止です。未就学児は入場できません。ペンライトは今回のツアーのものしか使用できません。
おそらくこれくらいガチガチにしないと、亀や亀担の望むソロコンにはならない。埋まるかどうかは知らん。
始まる前からバックJr.の件でおたく同士で一悶着あったけど、私はバックが宇宙Sixだとわかって踊り狂うレベルで喜んだ側なので、なんか色々と肩身が狭かった。バックにJr.つかないでほしいなんて思ったことがなかったので、ちょっと面食らった。亀だってたくさんバックついてきたし、それは言っちゃいけないことだよねー。今回は特別だから、って言っても先輩方のその“特別”のバックに亀だってついてきたでしょうに…。私はどっちも好きだからな。亀も、宇宙Sixも。林くんは私の心のオアシス。
私はそもそもマナーとルールを守っていれば楽しみ方は人それぞれだと思っているし、正直ペンライトの色変える演出とか、C&Rとかそんなに好きじゃない(私は基本やるけど、それよりも双眼鏡で好きな人を追うことの方が大事)。やらない人を責める権利は誰にもないし、タレント側がどうしてもやらせたいというのなら、申込案内の時点で「当日は全員参加でペンライト演出または声出し演出があります」って記載するべきだと思っている。でなければ強制力なんてない。

まず団扇の件。これに関してはルール違反した客側が悪い。それは間違いない。それに対して亀が怒るのもわかる。
だけどさ、だけど。それを翌日、全く関係のないお客さんに言うのは違うし、ましてやネットで拡散していい的なことを言うのも違うと思う。100人いれば100通りの解釈があるように、実際、ニュアンスや言い回しの違うレポをたくさん見た。本当に注意したいなら、亀の言葉で、本人に言わなきゃ意味がない。全員が全員ツイッターをやっているわけじゃないし、そのレポで反省してくれる人なら最初からルール違反はしないだろうよ。
ファンサ団扇を出すタイミングに関しては、もう…うるせー!!って感じ!笑 規定内ファンサ団扇1枚だけ持ってて文句言われるって、一体どういうことだよ!その人は一体なんの違反をしたんだ!そこまで気になるなら、いっそ手作り団扇禁止にすればよかったじゃーん!!!どうしてこっちが亀のご機嫌取りをしなきゃならんのよ!お金払って、ルール守って応援してるっていうのに!それなら最初から注意事項に「空気を読んで応援してください」って書いとけ!!

次は子どものことだったかな。これは亀がどうこうっていうより、おたくが勝手に騒いだ感ある。
正直、こんなに客から客に対して文句の出るコンサートってそうそうないよね。ただ通常のマナーを守るだけじゃだめで、雰囲気作りや空気を読むことまで求められる(同じおたくに)。番組協力かよ。いやでも本当に番組協力かと思った。ちゃんとお金払って注意事項に書いてあることを守っても、これだけやいやい言われるのかと。
これに関してはお客さんに文句言うのは間違ってる。子どもがうるさいとかしつこいって思うなら、「観に来ていた子どもがうるさくて集中できないので未就学児は入場不可にしてください」って亀に言うべきだ。舞台とかと同じように。子ども連れてくるのが禁止じゃない以上、「空気読んで子ども連れてくるな」は通用しない。

で、一番新しいのがペンライトの件。これはー…誰が悪いんだろうねー…笑
まず、その目立ってたキンブレ型のペンライトがキントレペンラ*8だったのなら、公式ペンライトなので問題なし。注意書きどおり公式ペンライト持ってきて怒られるなんてちゃんちゃらおかしいね。
それでは比較画像をどうぞ。

f:id:gladeeachan:20170926204735j:plain:w300

(左:公式キントレペンラ、中央:公式亀ソロペンラ、右:非公式キンブレ)
画像だとめちゃくちゃわかりにくいけど、実は非公式キンブレより公式キントレペンラの方が光量強いです。これちょっとびっくり。だから「光量の強いペンライトは禁止」っていう注意事項はもはや意味を成してない。公式最強。ということで眩しすぎるという苦情は事務所の方へどうぞ。
実際にそのペンライトがキンブレだったらもちろん非公式だからだめなんだけど、見慣れてる人じゃないと暗闇でキンブレとキントレペンラは見分けがつかないと思います。だから亀がどういう気持ちで話題にしたのかはわからないけど、非公式キンブレだという確証がない以上、亀もおたくもああだのこうだのと言うべきじゃない。
この件に限らず、赤じゃないペンライトをよく思っていない人も見るけど、ペンライトだって決して安いものではないし、それをわかっているから「公式ペンライト以外は禁止」なんだよね。全員が全員買えるわけじゃない。だからこれに関しても、ペンライトを持っていない人を責める権利は誰にもない。あえて文句を言うとしたら、「ペンライトを統一させるためにチケット代に組み込んでペンライトを全員に配布してください」って亀に言ってください。それができないなら気になる人がペンライトを自費で買って配ってください。

結局何を言いたいかというと、マナーやルールを守ってる人たちに演者側が口を出すのは違うし、口出したいなら最初から注意事項で謳わないといけない。そして提示された注意事項を守ってるおたくにおたくが文句言うのはもっと違う。「空気読んで」って何様だよ。
もちろん書いてないから何をやってもいい、っていうわけじゃない。それはただのばか。でも配慮っていうのは自主的なもので、他者が強制できるものじゃない。要するに今回のこのごたごたは単なる亀の予測ミス。自分のファンがどういう行動するかなんて、20年近くジャニーズやってきててわからないとは言わせないぞ。客席も含めて1つの作品にしたいのなら、いっそショー的なものとして舞台扱いした方がよかったんじゃないのかな。

これ以上、このもやもやが増えないことを祈ります…いやマジで私の素晴らしい思い出を汚さないでください…。

*1:Cメロの「今は僕らを~」っていうくそ低いところでマイクを向けられた

*2:金髪。ちっちゃい①。ダンス独特

*3:茶髪耳かけ率高め。ちっちゃい②。演出担当

*4:でこだし。最年少。高身長

*5:黒髪短髪。ゴリラっぽい。宇宙Six山下智久

*6:丸っこい茶髪。ちっちゃい③。お顔が可愛い

*7:さらさら黒髪。大きくはない。歌が上手

*8:今年の夏のJr.の現場「KING'S TRESURE」で発売された公式ペンライト